» うちの人

「うちの人〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

うちの人の前後の文節・文章を表示しています。該当する15件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
俘囚」より 著者:海野十三
――」グッと声を落として、彼の耳の穴に吹きこんだ。「あんたのために、あたし、今夜うちの人を殺してしまうわよ!」 「えッ?」 これを聴いた松永は、あたしの腕の中....
ネオン横丁殺人事件」より 著者:海野十三
へんいけないんでございますよ。このネオン横丁で、毎日のように啀み合っているのは、うちの人と女坂の旦那なんです。いつだかも、脅迫状なんかよこしましてね」 「脅迫状....
わが町」より 著者:織田作之助
四十女で、そうと聴けば見舞金も受けとれなかった。 「貴女が悪いんのんとちがいま。うちの人がなんし水の中ばっかしで暮して来やはったんで、陸の上を歩くのが下手糞だし....
奇妙な遠眼鏡」より 著者:香倶土三鳥
うちにリイは又|家のことを思い出しました。 自分はこんなに面白く遊んでいるが、うちの人はどうしているだろうと思いながら、眼鏡を眼に当ててみますと……大変なこと....
戦話」より 著者:岩野泡鳴
は亭主に角のない皮肉をあびせかけ、銚子を僕に向けて、 「まア、一杯どうどす?――うちの人は、いつも、あないなことばかり云うとります。どうぞ、しかってやってお呉れ....
英本土上陸作戦の前夜」より 著者:海野十三
だはっきりしないが…… 「あなた、なに仰有るのよ。ボジャック氏に笑われますわよ。うちの人は、監獄にいる間に、頭がすこしどうかしてしまったのよ。御免なさい、ボジャ....
崩れる鬼影」より 著者:海野十三
、一つ寝返りをうちました。そのときに両眼を天井の方に大きく開きました。 「ああ、うちの人は帰って来たのかしら」 「いいえ、あれは私の兄ですよ」 老婦人は急に恐....
縷紅新草」より 著者:泉鏡花
がら、(……町内ですよ、ここの。いま私、前を通って来たんだけれど、角の箔屋。――うちの人じゃあない、世話になって、はんけちの工場へ勤めている娘さんですとさ。ちゃ....
赤いくつ」より 著者:アンデルセンハンス・クリスチャン
カレンのへやが、そのままお寺へもっていかれたのでしょうか。――カレンは、坊さんのうちの人たちといっしょの席についていました。そしてちょうどさんび歌をうたいおわっ....
しっかり者のすずの兵隊」より 著者:アンデルセンハンス・クリスチャン
た。 やがて晩になると、ほかのすずの兵隊は、のこらず箱のなかへ入れられて、このうちの人たちもみんなねにいきました。さあ、それからがおもちゃたちのあそび時間で、....
雪の女王」より 著者:アンデルセンハンス・クリスチャン
、おおいかぶさっていました。そして、戸口がたいそうひくくついているものですから、うちの人が出たり、はいったりするときには、はらばいになって、そこをくぐらなければ....
どろぼう猫」より 著者:海若藍平
ますからね」 と不愛想に言いました。犬はいよいよ勘弁ならぬと思いましたが、このうちの人に可愛がられているのでジッと辛抱して出て行きました。 ちょうどこの頃、....
古いはさみ」より 著者:小川未明
しい、もっと大きなはさみをお求めになりました。そして、いままでのはさみは、平常、うちの人の使い用とされてしまいました。けれど、ちょうど、英ちゃんの上の兄さんが、....
猟師と薬屋の話」より 著者:小川未明
れればいいと思いながら歩いてきました。 家ではおかみさんが待っていました。 「うちの人は、久しぶりで山へはいったのだが、いい獲物を見つけて、うまくしとめて、無....
わが町」より 著者:織田作之助
っている四十女で、そうときけば見舞金も受け取れず、 「貴女が悪いのんとちがいま。うちの人がなんし水の中ばっかしで暮してはって、陸の上を歩くのが下手糞だしたさかい....

「うちの人」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
うちの人は...:5回
うちの人が...:3回
うちの人た...:2回
うちの人に...:1回
うちの人の...:1回
うちの人じ...:1回
うちの人を...:1回
うちの人と...:1回
前1文字
、うちの人:5回
のうちの人:3回
。うちの人:3回
―うちの人:2回
「うちの人:1回
夜うちの人:1回