» 

「す〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

すの前後の文節・文章を表示しています。該当する15件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
浅草公園」より 著者:芥川竜之介
じょうちん》。提灯は次第に上へあがり、雑沓《ざっとう》した仲店《なかみせ》を見渡ようになる。ただし大提灯の下部だけは消え失せない。門の前に飛びかう無数の鳩《は....
アグニの神」より 著者:芥川竜之介
一 支那の上海の或町で。昼でも薄暗い或家の二階に、人相の悪い印度人の婆さんが一人、商人らしい一人の亜....
兄貴のような心持」より 著者:芥川竜之介
、)それと云うのは、菊池と一しょにいると、何時も兄貴と一しょにいるような心もちがる。こっちの善い所は勿論了解してくれるし、よしんば悪い所を出しても同情してくれ....
狂女」より 著者:秋田滋
う、妙な女がひとり住んでいた。たび重なる不幸で頭が変になってしまったんだね。話はこし昔にかえるが、この女は二十五の年紀に、たった一月のうちに、その父親と夫と、....
」より 著者:秋田滋
台所のなかへ入れておいた飼犬がけたたましく吠えだしたので、その声に夢を破られた。ぐに寐床を降りていってみると、どうやら小屋のまわりをルンペンか何かが徘徊してで....
ある自殺者の手記」より 著者:秋田滋
某氏(五七)はかなり楽な生活をしていた人で、幸福であるために必要であるものはべて具っていたのである。何が氏をしてかかる不幸な決意をなに到らしめたのか、原....
初雪」より 著者:秋田滋
突き出て眼界を遮り、一望千里の眺めはないが、奇々妙々を極めた嶺岑をいくつとなく擁るその山姿は、いかにも南国へ来たことを思わせる、うつくしい眺めであった。 頭....
良夜」より 著者:饗庭篁村
、いよいよ珍重して教えられ、人に逢えばその事を吹聴さるるに予も嬉しき事に思い、ま学問に身を入れしゆえ、九歳の時に神童と言われ、十三の年に小学校の助教となれ....
ファラデーの伝」より 著者:愛知敬一
つの世にでも、日本での発見はそのまま世界の発見であり、詩や歌のごとく、外国語に訳るの要もない。 これらの理由により、科学者たらんとる者のために、大科学者の....
寡婦」より 著者:秋田滋
して、毎日夕がたになると、身心ともに疲れはてて館へ帰って来るのだった。 晩餐をと、彼らは、広間に集って、たいして興もなげにロト遊びをしていた。戸外では風....
スリーピー・ホローの伝説」より 著者:アーヴィングワシントン
の騒がしさから逃れ、わずらわしいことばかり多かった人生の余暇を静かに夢みながら暮ことができる隠居所をもとめるならば、この小さな渓谷にまさるところは知らない。 ....
親ごころ」より 著者:秋田滋
一条の街道がこれから村へかかろうとるあたりに、這い込むような小さな家が一軒、道のほとりにたっていた。彼はむかしそ....
狂人日記」より 著者:秋田滋
い法律顧問、判事たちも、二つの凹んだ眼が光っている彼の痩せた顔に、大きな敬意を表るために、非常に低く頭を下げて挨拶をしたものだった。 彼は犯罪を追求して弱い....
夢の如く出現した彼」より 著者:青柳喜兵衛
頃からかは、はっきりしない。何でも幼い頃からで、産れながらに知っていたような気もる。 「夢野久作ってのが、頻りに探偵小説の様なもの――事実探偵小説の様なもので....
三人の百姓」より 著者:秋田雨雀
て来たという話を、さもさも大事件のように力を入れて話していたのでした。 峠を越と、広い平原になって、そこから城下の方まで、十里四方の水田がひろがって、田には....

「す」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
する...:6回
すま...:2回
すこ...:2回
すと...:1回
す。...:1回
すべ...:1回
すぐ...:1回
すよ...:1回
前1文字
はす:2回
とす:1回
暮す:1回
表す:1回
をす:1回
もす:1回
越す:1回
ます:1回
がす:1回
です:1回
。す:1回
擁す:1回
渡す:1回
訳す:1回