三つ子の魂百まで[語句情報] » 三つ子の魂百まで

「三つ子の魂百まで〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

三つ子の魂百までの前後の文節・文章を表示しています。該当する1件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
孟母断機」より 著者:上村松園
れは困ったことを覚えたものであると思った。明け暮れお葬式の真似をしていたのでは、三つ子の魂百までもの譬えで、将来に良い影響は及ぼさぬと考えた。 そう気づくと、....

「三つ子の魂百まで」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
三つ子の魂百までも:1回
前1文字
、三つ子の魂百まで:1回