三つ星[語句情報] » 三つ星

「三つ星〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

三つ星の前後の文節・文章を表示しています。該当する4件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
隣の嫁」より 著者:伊藤左千夫
分はげしき労働も見るほどに苦しいものではない。朝夕忙しく、水門が白むと共に起き、三つ星の西に傾くまで働けばもちろん骨も折れるけれど、そのうちにまた言われない楽し....
光の中に」より 著者:金史良
けてそろそろ晴れ渡りそうな空を眺めた。遠い北の方の空にはちぎれ雲の合間から、二つ三つ星さえ光り出していた。 「もう晴れそうだよ、ねえ、君、これから一緒に見舞に行....
地獄の使」より 著者:田中貢太郎
はお爺さんのことを思いだし思いだししていた。そして、今度便所に往った時に見ると、三つ星がもう裏の藪の上へ傾いていた。で、老婆は寝ることにして、戸締をし壁厨から蒲....
水仙月の四日」より 著者:宮沢賢治
ちゃ。」 「まあいいだろう。ぼくね、どうしてもわからない。あいつはカシオペーアの三つ星だろう。みんな青い火なんだろう。それなのに、どうして火がよく燃えれば、雪を....

「三つ星」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
三つ星だ:1回
三つ星が:1回
三つ星さ:1回
三つ星の:1回
前1文字
、三つ星:2回
の三つ星:1回
つ三つ星:1回