三日見ぬ間の桜[語句情報] » 三日見ぬ間の桜

「三日見ぬ間の桜〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

三日見ぬ間の桜の前後の文節・文章を表示しています。該当する2件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
石狩川」より 著者:本庄陸男
がそう云って腰をおろした。 「サッポロがどうした?」 「いや、えらい景気でした、三日見ぬ間の桜かな――と云うが、だんな、変りました」 「あたり前だ、それがどうし....
紅白縮緬組」より 著者:国枝史郎
て、人々は不法のこの掟をどれほど憎んだか知れないのであった。 三三日見ぬ間の桜も散り、江戸は青葉の世界となった。 奈良茂は今日も揚屋の座敷で、....

「三日見ぬ間の桜」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
三日見ぬ間の桜も:1回
三日見ぬ間の桜か:1回
前1文字
三三日見ぬ間の桜:1回
、三日見ぬ間の桜:1回