不問に付す[語句情報] » 不問に付す

「不問に付す〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

不問に付すの前後の文節・文章を表示しています。該当する5件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
日常身辺の物理的諸問題」より 著者:寺田寅彦
象が起こるのであるから、これは必ずしも既知の単純なリュブリケーションの問題として不問に付することはできないように見える。これも一つのまじめな研究題目とすればなり....
レ・ミゼラブル」より 著者:豊島与志雄
隠匿され保護された。そして軍法会議では、戦争中に捕虜となった者のほかは、いっさい不問に付することに決した。それでマリユスは無事のままでいることができた。 ジル....
南国太平記」より 著者:直木三十五
女四人までを呪殺したる、大逆の罪、しかも、その歴々たる証拠までを見ながら、これを不問に付するということは、家来として、牧の仕業に等しい悪逆の罪じゃ。ただ――もし....
黄昏の告白」より 著者:浜尾四郎
に対しては割合明かに答えている。大川氏は一応××署の取調を受けたが正当防衛として不問に付することとなるらしい。兇漢の所持品としては出刃庖丁の他金三円二十三銭の現....
私本太平記」より 著者:吉川英治
の資朝と見るだろう。もし貴公が、主謀者は我れなりと主張しても、それにより、資朝を不問に付すはずもない。 さすれば、貴公の死は、むだになる。 大事は今がほんの....

「不問に付す」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
不問に付する:4回
不問に付すは:1回
前1文字
て不問に付す:2回
を不問に付す:2回
い不問に付す:1回