不帰の客となる[語句情報] » 不帰の客となる

「不帰の客となる〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

不帰の客となるの前後の文節・文章を表示しています。該当する1件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
江戸芸術論」より 著者:永井荷風
画工につきて親しくその薫陶《くんとう》を受けたる門人の明治に残りしもの相前後して不帰の客となるに従ひ一歩々々滅亡の期を早めたり。明治の浮世絵は実に北斎国芳国貞ら....

「不帰の客となる」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
不帰の客となるに:1回
前1文字
て不帰の客となる:1回