不平を並べる[語句情報] » 不平を並べる

「不平を並べる〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

不平を並べるの前後の文節・文章を表示しています。該当する5件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
二百十日」より 著者:夏目漱石
僕の人格には関係はしまい。それよりも五里の山路《やまみち》が苦になって、やたらに不平を並べるような人が困った男なんだ」 「腕力や脚力を持ち出されちゃ駄目だね。と....
」より 著者:夏目漱石
にやり出したが、宗助の態度は依然として変らなかった。小六があまり癇《かん》の高い不平を並べると、 「そのくらいな事でそれほど不平が並べられれば、どこへ行ったって....
赤耀館事件の真相」より 著者:海野十三
なぜ犯罪事件らしい取扱いをし、我々の迷惑をも顧みず、この夜更けに留め置くのかと、不平を並べる人もありました。兄を診察した医学者たちは、警部の後に随って、大広間を....
大菩薩峠」より 著者:中里介山
こにも見えやしないじゃないか――」 十四 娘がずけずけと不平を並べるのを、男はハイハイと頭を下げて、 「モ少シノ辛抱デス、オ嬢サン、ココ....
郊外」より 著者:国木田独歩
後はじめじめ降りだした。普通の人ならせっかくの日曜をめちゃめちゃにしてしまったと不平を並べるところだが、時田先生、全く無頓着である。机の前に端座して生徒の清書を....

「不平を並べる」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
不平を並べると:2回
不平を並べるの:1回
不平を並べる人:1回
不平を並べるよ:1回
前1文字
と不平を並べる:2回
、不平を並べる:1回
い不平を並べる:1回
に不平を並べる:1回