不平[語句情報] » 不平

「不平には〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

不平にはの前後の文節・文章を表示しています。該当する2件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
血の文字」より 著者:黒岩涙香
た時を見て言給え」余は素より自ら我が智識我が経験の目科に及ばざるを知れば此誡めを不平には思わず唯再び此詮索に取掛るの嬉しさに一も二も無く承諾して早速に家を出しが....
青年」より 著者:森鴎外
り行こうね」 なんだか譲歩するような、庇護するような口調であった。しかし純一は不平には思わなかった。 「さっきの小説の先きはどうなるのですか」と、純一が問うた....

「不平には」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
不平には思:2回
前1文字
は不平には:1回
を不平には:1回