不平[語句情報] » 不平

「不平に過〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

不平に過の前後の文節・文章を表示しています。該当する2件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
端午節」より 著者:井上紅梅
官僚を兼ねていたからである。 しかしこの推定は皆誤りであった。実際これは彼の新不平に過ぎないので、不平を説いてはいるが、彼の分に安ずる一種の空論にしかあり得な....
青年」より 著者:森鴎外
平はなんだ。あの奥さんを失う悲から出た不平ではない。自己を愛する心が傷つけられた不平に過ぎない。大村が恩もなく怨もなく別れた女の話をしたっけ。場合は違うが、己も....

「不平に過」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
不平に過ぎ:2回
前1文字
た不平に過:1回
新不平に過:1回