» 不当処

「不当処〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

不当処の前後の文節・文章を表示しています。該当する1件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
役人の頭」より 著者:末弘厳太郎
なからしめる苦心に向かっては大いに敬意を表します。しかし、さらばといって、自己の不当処置をかばう盾として法律を使うことは絶対に許されない。なぜならば、かくのごと....

「不当処」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
不当処置:1回
前1文字
の不当処:1回