不得策[語句情報] » 不得策

「不得策〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

不得策の前後の文節・文章を表示しています。該当する15件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
彼岸過迄」より 著者:夏目漱石
のとして、自分で自分の役割を作っていたのである。彼は二人と同時に二階を下りる事の不得策を初めから承知していた。後《おく》れて席を立つにしても、巻煙草《まきたばこ....
四条畷の戦」より 著者:菊池寛
の日にまで、敵には続々馳せ参ずる兵があったと云う。此の敵に対し堂々の陣を張る事が不得策であるのは、明瞭であるから、正行は敢て東条に退いて自重せず、速戦速決で得意....
近時政論考」より 著者:陸羯南
自由を保ちその幸福を全うせんには彼らいたずらに革命党の力を借りて一時に快を取るの不得策を感知せり、彼らは国民的精神をもって国民の統一を謀り、しかして国民的政治を....
田舎教師」より 著者:田山花袋
親がくどくどとなお語った。清三は母親に同情せざるを得なかった。かれは熱心に借金の不得策なのを説いて、貧しければ貧しいように生活しなければならぬことを言った。最後....
足迹」より 著者:徳田秋声
報知を受け取った時、芳村は何のこととも想像がつかなかったが、すぐ宿へ乗り込むのは不得策だということだけは、電文にも書き入れてあった。 一同から事情を聞いてから....
鳴雪自叙伝」より 著者:内藤鳴雪
敗報と共に今いった諸口寄せ手の敗報もそろそろと聞えて来たので、再び進撃することの不得策を知って、終に先手その他を藩地の近島まで引揚げられた。これで見れば、世子の....
私の小売商道」より 著者:相馬愛蔵
これはとんでもない誤りであります。 問屋荷主に不安や不快を与えるほど仕入の上に不得策はありません。またこの小策を要する商人は、決して大成するものではありません....
人口論」より 著者:マルサストマス・ロバート
られることであろう。従って一家の家長にとっては、その奴隷に出産を奨励するのは大抵不得策であろう。従って吾々は、支那ではヨオロッパと同様に、召使の大部分は独身であ....
大捕物仙人壺」より 著者:国枝史郎
慶喜は、惰弱に慣れた旗本を以て、慓悍な薩長二藩の兵と、干戈を交えるということの、不得策であることを察していた。それに外国が内乱に乗じ、侵略の野心を逞しゅうし、大....
戯作者」より 著者:国枝史郎
これは手錠に懲りたからでもあるが、又馬琴の大才を恐れ、同じ方面で角逐することの、不得策であることを知ったからでもある。 その馬琴はそれから間もなく、蔦屋重三郎....
沙漠の古都」より 著者:国枝史郎
ございますね――世間一般に知れますより、敵党の連中に知られることが閣下にとっては不得策の筈で」 レザールは片眼をつむりながら、少し皮肉に云ったものである。 「....
人口論」より 著者:マルサストマス・ロバート
と考えらるべきものであり、そしてこれを促進するあらゆる制度は本質的に悪制度であり不得策である。しかし政府が財産の不平等を是正するために積極的干渉を行うことが社会....
つづれ烏羽玉」より 著者:林不忘
おるわい。手を貸せ」 「は。なれど万一《もし》生きておりますると、お顔をさらすは不得策かと存じます。まずこの頭巾《ずきん》にてお包みなされて」 「なに。と、灯《....
チベット旅行記」より 著者:河口慧海
には税金を取られたりあるいは政府の官吏に賄賂を遣わねばならぬような道筋を行くのは不得策である。そういう場合には本当の道筋から行かずに外の道筋から行かぬばなるまい....
活人形」より 著者:泉鏡花
泰助は、幕の蔭よりこれを見て、躍り出んと思えども、敵は多し身は単つ、湍るは血気の不得策、今いうごとき情実なれば、よしや殴打をなすとても、死に致す憂はあらじ。捕縛....

「不得策」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
不得策で...:6回
不得策を...:3回
不得策か...:1回
不得策、...:1回
不得策の...:1回
不得策だ...:1回
不得策な...:1回
不得策は...:1回
前1文字
の不得策:5回
は不得策:4回
、不得策:2回
り不得策:1回
に不得策:1回
が不得策:1回
抵不得策:1回