不意を打つ[語句情報] » 不意を打つ

「不意を打つ〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

不意を打つの前後の文節・文章を表示しています。該当する1件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
恐怖の口笛」より 著者:海野十三
の屍体の転がっている裏の方の繁みの中からワッと躍りでるつもりだった。それは怪人の不意を打つことになって、たいへん有利だと思ったからだった。 間もなく一郎は、目....

「不意を打つ」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
不意を打つこ:1回
前1文字
の不意を打つ:1回