不意を突く[語句情報] » 不意を突く

「不意を突く〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

不意を突くの前後の文節・文章を表示しています。該当する2件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
私本太平記」より 著者:吉川英治
んどのような急行軍のばあい、不可能だし、義貞の本意でもない。 疾風迅雷、鎌倉の不意を突く。 また。日ごろ鍛錬の鉄騎と白刃にものをいわせ、あくまで野戦の騎兵主....
私本太平記」より 著者:吉川英治
だが、武力のきッかけを示したのは、宮のほうが先だった。再三、尊氏をうかがっては、不意を突くのに失敗をかさねている。 もっとも、これは宮ご自身の、気負いとのみす....

「不意を突く」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
不意を突くの:1回
不意を突く。:1回
前1文字
、不意を突く:1回
の不意を突く:1回