不感症[語句情報] » 不感症

「不感症〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

不感症の前後の文節・文章を表示しています。該当する15件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
あやつり裁判」より 著者:大阪圭吉
してないんですが……なンて云いますかな? メンエキとでも云いますか……そうそう、不感症にかかっちまうんですよ。……だからいまでは、もう死刑の宣告を受けたトタンに....
思想と風俗」より 著者:戸坂潤
が、夫が取りも直さず教養という一つの規範から決って来るのだ。――一体なぜ関心上の不感症が生れて来るか。それは関心の体系が貧弱であるか歪んでいるか、それとも全くシ....
大切な雰囲気」より 著者:小出楢重
ずである。 絵を描かぬ美術家、趣味から生れた建築やいくさぶね、切れない日本刀、不感症の女等は邪魔にばかりなる存在である。そして画家は、自然の草木、人体、機械、....
宝に食われる」より 著者:宮本百合子
と、飽々する説明の暗誦と、同じ変化ない宝物どもの行列とに食傷しきっているらしい。不感症にかかっているようだ。悠《ゆっ》くり心静かに一枚の絵でも味おうと思えば、我....
『井伏鱒二選集』後記」より 著者:太宰治
ーナリストたちに屡々好評を以て迎えられ、動きのないこと、その努力、それについては不感症では無かろうかと思われる程、盲目である。 重ねて言う。井伏さんは旅の名人....
南さんの恋人」より 著者:豊島与志雄
山根さんが云ったように、南さんは理想的な状態にあった筈だ。ただ、山根さんには多少不感症めいたところがあったかも知れないが、然しそれは取るに足りないことだし、南さ....
蛸の如きもの」より 著者:豊島与志雄
から時おり眼に涙を浮べている。いったい、心の底のその奥は、嬉しいのか悲しいのか、不感症になりかけたのを自覚しない老いぼれ蛸。 俺もどうやら蛸壺に腰を落ち着けす....
山上湖」より 著者:豊島与志雄
精神の純一な光耀から起るものではなかったか。それを彼はどこかに取り落して、愚鈍な不感症みたいになってしまったのであろうか。 私は彼の方へきっと向き直った。頬の....
青鬼の褌を洗う女」より 著者:坂口安吾
人は三日目に戻ってきたが、一人は病院へ入院したまま終戦を迎えた。 登美子さんは不感症だそうだ。そのせいか、美男子を見ると、顫えが全身を走ったり、堅くなったり、....
もう軍備はいらない」より 著者:坂口安吾
と一しょにねじきれた血まみれのクビが路にころがっているのを見ても、あのころは全然不感症だった。美も醜もない。死臭すら存在しない。屍体のかたわらで平然とベントーも....
予告殺人事件」より 著者:坂口安吾
隣組には幼児や老人達がたくさんいるが、物資の不足という点をのぞけば爆撃に対しては不感症の如く洒々としている。この隣組は工場地帯にあり他地域に比して遥かに多くの爆....
沼畔小話集」より 著者:犬田卯
た矢先なのである。だが、文筆生活などをしていると、一文なしになることなんかもはや不感症以上で、「二三日したらどうにかなるだろう!」と図太くも高をくくる癖がついて....
チェーホフ試論」より 著者:神西清
ったであろうことはもはや公然の秘密であろうし、チェーホフがその種の畏怖には完全な不感症だったこともすでに明らかである。同様にしてゾラには、人間を科学するとでもい....
白い道」より 著者:徳永直
だじゅう、どこにひとつかがやきがなかった。鼻がひくいと、貧乏にも卑屈にも、すべて不感症であるように、三吉には感じられるのだった。 「でもな、おまえも二十四だ。山....
澪標」より 著者:外村繁
ではないか。その傾向は現在の私には更に拍車がかけられている。嫉妬という私の感情は不感症に近い。 むしろ妻のそんな行為を想像するだけで、私は強烈な好色的興味を抱....

「不感症」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
不感症に...:4回
不感症だ...:3回
不感症で...:2回
不感症の...:2回
不感症以...:1回
不感症が...:1回
不感症み...:1回
不感症め...:1回
前1文字
は不感症:4回
、不感症:3回
な不感症:2回
や不感症:1回
て不感症:1回
然不感症:1回
少不感症:1回
の不感症:1回
。不感症:1回