不眠[語句情報] » 不眠

「不眠〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

不眠の前後の文節・文章を表示しています。該当する15件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
」より 著者:芥川竜之介
わたしはすっかり疲れていた。肩や頸《くび》の凝《こ》るのは勿論、不眠症もかなり甚しかった。のみならず偶々《たまたま》眠ったと思うと、いろいろの夢....
或る女」より 著者:有島武郎
いた。 葉子はただ一人《ひとり》いたずらに興奮して狂うような自分を見いだした。不眠で過ごした夜が三日も四日も続いているのにかかわらず、睡気《ねむけ》というもの....
片信」より 著者:有島武郎
遇っておもむろに眼を開くような悦《よろこ》ばしい気持ちでいることができる。僕は今不眠症にも犯されていず、特別に神経質にもなっていない。これだけは自分に満足ができ....
惜みなく愛は奪う」より 著者:有島武郎
ろう。恐らく私は誰の眼からも立派な罪人のように見えたに違いない。私は断食もした、不眠にも陥った、痩せもした。一人の女の肉をも犯さなかった。或る時は神を見出だし得....
壊れたバリコン」より 著者:海野十三
そして空しく其の夜は明けはなれて行きました。 僕は其の日に例の将校連が来るかと不眠に充血した眼を怒らして待ちうけましたが、誰一人としてやって来ません。勿論歩哨....
赤外線男」より 著者:海野十三
な石段をテクテク登っていった。 「どうです。何か見付かりましたか」彼は捜査課長の不眠に脹れぼったくなった顔を見ると、斯う声をかけた。 「駄目です」と課長は不機嫌....
疑問の金塊」より 著者:海野十三
とした。 扉を開いてやると、転がるように壮平爺さんが入ってきた。顔色は真青だ。不眠か興奮のせいか、瞼が腫れあがっている。 「早いもので、ボーイさんも相手にせず....
金魚撩乱」より 著者:岡本かの子
。ちょっとした低気圧にも疳を昂ぶらせて、夜もおろおろ寝られなかった。だいぶ前から不眠症にかかって催眠剤を摂らねば寝付きの悪くなっていた彼は、秋近の夜の眠のために....
」より 著者:池谷信三郎
千枚の新聞紙を刷りだす、アルバート会社製の高速度輪転機が、附近二十余軒の住民を、不眠性神経衰弱に陥れながら、轟々と廻転をし続けていた。 油と紙と汗の臭いが、新....
獄中消息」より 著者:大杉栄
一睡もしなかった。警視庁での二晩と合せて五晩だ。しかし、いくら何だって、そうそう不眠が続くものじゃない。何が来ようと、どんなにかゆくとも痛くとも、とにかく眠るよ....
歯車」より 著者:芥川竜之介
ぜ。この頃体は善いのかい?」 「不相変薬ばかり嚥んでいる始末だ」 「僕もこの頃は不眠症だがね」 「僕も?――どうして君は『僕も』と言うのだ?」 「だって君も不眠....
バットクラス」より 著者:岡本かの子
具の磨きのぴかぴか光る騎馬が一騎高くいななき乍ら眼近の道芝に蹴込んで来た。彼女は不眠の眸瞼に点薬するように逆に第三から第一の窓外風景を今一度のぞき返した。 多....
」より 著者:犬田卯
んな冗談言っていっけんど、みろ、これで、県の方だって、組合の方だって、ここんとこ不眠不休で心配しているんだから。はア、組合長ら、昨日から寝こんじまった位だから―....
健康と仕事」より 著者:上村松園
昨年の五月のこと所用のため上京して私は帝国ホテルにしばらく滞在した。上京する日まで私は不眠不休で仕事に没頭していたので、ホテルに落着いてからでも絵のことが頭の中に残っ....
消えた霊媒女」より 著者:大倉燁子
の光が大地に輝いている午後の一時二時頃になると、まるで真夜中の静けさです。しかし不眠症の勝田さんが、この明るい真昼に眠れる訳がありません。で、午後になると必ず私....

「不眠」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
不眠症...:5回
不眠に...:3回
不眠不...:2回
不眠の...:1回
不眠が...:1回
不眠か...:1回
不眠で...:1回
不眠性...:1回
前1文字
、不眠:3回
は不眠:3回
。不眠:2回
し不眠:1回
う不眠:1回
こ不眠:1回
の不眠:1回
今不眠:1回
と不眠:1回
ら不眠:1回