不眠[語句情報] » 不眠

「不眠か〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

不眠かの前後の文節・文章を表示しています。該当する3件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
疑問の金塊」より 著者:海野十三
とした。 扉を開いてやると、転がるように壮平爺さんが入ってきた。顔色は真青だ。不眠か興奮のせいか、瞼が腫れあがっている。 「早いもので、ボーイさんも相手にせず....
蘇生」より 著者:豊島与志雄
血していること、頬に血の気がなくて皮膚が荒れていること、髪が乱れていること、凡て不眠から来る様子に彼はその時になって初めて気付いた。 「済みません。」そう敬助は....
自由人」より 著者:豊島与志雄
、父は一日寝ていた。頭痛がすると言った。――それきりだが、父はなお、軽微な頭痛と不眠から脱けきれないでいるらしい。 北村と千重子は、ただ何ということなしに、木....

「不眠か」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
不眠から:2回
不眠か興:1回
前1文字
と不眠か:1回
て不眠か:1回
。不眠か:1回