不知火[語句情報] » 不知火

「不知火、〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

不知火、の前後の文節・文章を表示しています。該当する3件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
縷紅新草」より 著者:泉鏡花
草、千住、それから先はどこまでだか、ほとんど想像にも及びません。――明石町は昼の不知火、隅田川の水の影が映ったよ。 で、急いで明石町から引返して、赤坂の方へ向....
丹下左膳」より 著者:林不忘
若い後妻お蓮様の手に入れ、うまい汁を吸おうという陰謀なのだ。 剣をとっては十方不知火、独特の刀法に天下を睥睨《へいげい》した司馬先生も、うつくしい婦人のそらな....
妖怪学」より 著者:井上円了
無形的精神の変化作用より生ずるものをいう。 今その一例を挙ぐれば、狐火、流星、不知火、蜃気楼、および京都下加茂社内へ移植する木はみな柊に変じ、尾州熱田に移養す....

「不知火、」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
不知火、蜃:1回
不知火、独:1回
不知火、隅:1回
前1文字
、不知火、:1回
方不知火、:1回
の不知火、:1回