不知火[語句情報] » 不知火

「不知火が〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

不知火がの前後の文節・文章を表示しています。該当する2件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
菎蒻本」より 著者:泉鏡花
った時は、ばたり、ばたりと、団扇にしては物寂しい、大な蛾の音を立てて、沖の暗夜の不知火が、ひらひらと縦に燃える残んの灯を、広い掌で煽ぎ煽ぎ、二三|挺順に消してい....
丹下左膳」より 著者:林不忘
……フと気がつくと、二人の周囲をぐるりかこんで、一面の剣輪、剣林――。 筑紫の不知火が江戸に燃えたかと見える、司馬道場の同勢だ。 気を失った峰丹波の身体は、....

「不知火が」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
不知火が江:1回
不知火が、:1回
前1文字
の不知火が:2回