不知火[語句情報] » 不知火

「不知火に〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

不知火にの前後の文節・文章を表示しています。該当する3件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
春昼後刻」より 著者:泉鏡花
、斜めに鳴鶴ヶ|岬まで線を引いて、その半ばと思う点へ、ひらひらと燃え立つような、不知火にはっきり覚めた。 とそれは獅子頭の緋の母衣であった。 二人とも出て来....
丹下左膳」より 著者:林不忘
ているかということです。 彼女は、夜も昼も、この一間にとじこもったきり――胸の不知火に身をこがしている。 今も今とて。 この夜半。 別棟に陣《じん》どっ....
私本太平記」より 著者:吉川英治
ぶつかったのか、船は裂けるような響きをたてた。 追捕の舟軍は、一とき、夜の海を不知火にして迫っていた。そのうちの二、三ぞうは、つい矢ごろの距離にまで追ッついて....

「不知火に」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
不知火にし:1回
不知火に身:1回
不知火には:1回
前1文字
を不知火に:1回
の不知火に:1回
、不知火に:1回