不知火[語句情報] » 不知火

「不知火関〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

不知火関の前後の文節・文章を表示しています。該当する1件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
業平文治漂流奇談」より 著者:三遊亭円朝
》へ往くと、己やらねえ」 亥「そうじゃアねえ、己が知らねえからよ」 長「なに不知火関《しらぬいぜき》を頼むと」 亥「全く金を十両くれたかよ」 長「そうよ....

「不知火関」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
不知火関を:1回
前1文字
に不知火関:1回