不知[語句情報] » 不知

「不知。〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

不知。の前後の文節・文章を表示しています。該当する2件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
草迷宮」より 著者:泉鏡花
国で畔道の一面識。自分が望んでではありますが、家と云えば、この畳を敷いた――八幡不知。 第一要害がまるで解りません。真中へ立ってあっちこっち瞻しただけで、今入....
随筆 寄席風俗」より 著者:正岡容
る。※かっきょの釜掘り、てけれっつのぱあ――は、その先々代立川談志(私は、元より不知。風貌、聞くならく、桂小南に似たりという)の専売だったという。――すると、談....

「不知。」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
不知。風:1回
不知。 :1回
前1文字
り不知。:1回
幡不知。:1回