不知[語句情報] » 不知

「不知の境〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

不知の境の前後の文節・文章を表示しています。該当する1件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
水晶の栓」より 著者:新青年編輯局
ルパン等に偽手紙と偽口伝をを残さしたのであった。兇悪奸譎な代議士のためにルパンは不知の境に徘徊させられているのだ。あわれ夫人、彼女は孤立無援、しかも恐るべき悪魔....

「不知の境」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
不知の境に:1回
前1文字
は不知の境:1回