不知[語句情報] » 不知

「不知の間〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

不知の間の前後の文節・文章を表示しています。該当する2件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
油絵新技法」より 著者:小出楢重
人が歩む事は何か目的があってそれへ到着しようとするために歩むので、これは不知不知の間に運動をしている訳だ。それで先ず用は足す事が出来るが、もし何々派、何々流....
ドグラ・マグラ」より 著者:夢野久作
の習慣は、この種の妖異の防遏に最も有効なる事が古来|幾多の人々の経験に依って知、不知の間に確認せられおりし事を今日に立証しおるものと見るを得べし。又、死者の枕頭....

「不知の間」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
不知の間に:2回
前1文字
、不知の間:1回
知不知の間:1回