不破数右衛門[語句情報] » 不破数右衛門

「不破数右衛門〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

不破数右衛門の前後の文節・文章を表示しています。該当する2件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
四十八人目」より 著者:森田草平
死につく方が、彼らにとって快く思われたかは、主家の兇変の前に、すでに浪人していた不破数右衛門、千葉三郎兵衛、間新六の徒が、同じように連盟に加わってきたのでも分る....
濞かみ浪人」より 著者:吉川英治
の同僚は訊ねられた。 『は、あれは先頃、お国表の方から江戸詰に転役して参った――不破数右衛門でございます』 そう同僚が答えると、次にはきっと、誰でも同じように....

「不破数右衛門」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
不破数右衛門で:1回
不破数右衛門、:1回
前1文字
―不破数右衛門:1回
た不破数右衛門:1回