不破[語句情報] » 不破

「不破〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

不破の前後の文節・文章を表示しています。該当する15件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
将軍」より 著者:芥川竜之介
》がある。その中に二銭《にせん》の団洲《だんしゅう》と呼ばれた、和光《わこう》の不破伴左衛門《ふわばんざえもん》が、編笠《あみがさ》を片手に見得《みえ》をしてい....
長篠合戦」より 著者:菊池寛
を丸山の前に備えた。神速の行動に、もろくも一の柵を破られたので、明智十兵衛光秀、不破河内守等が馳せ来って応援したが、既にこの時は、二の柵まで押入られた。しかし信....
賤ヶ岳合戦」より 著者:菊池寛
る。勝家喜び同心して、家臣小島若狭守、中村|文荷斎をして、前田利家、金森|長近、不破彦三を招き寄せた。勝家の云うよう、「某とかく秀吉と不和である為に、世上では、....
柿の種」より 著者:寺田寅彦
恰好の木枠に白紙を貼って、それに筆太に墨黒々と「原野九郎」とか「小菅雷三」とか「不破伊勢次」とかそういった感じのする名前が書きひけらかしてある。 その建て札に....
梅津只円翁伝」より 著者:杉山萠円
氏も出ていた。 そのほか他流の人で翁の門下同様の指導を受けていた人々には観世の不破国雄、山崎友来氏等がある。 しかし翁は他流の人や囃子方、狂言方には、あまり....
大菩薩峠」より 著者:中里介山
洒落《しゃれ》たことは、これが初めてでしょう。まして行先は、名にし負う美濃の国、不破《ふわ》の郡《こおり》、関ヶ原―― 十五 こうして米友は....
大菩薩峠」より 著者:中里介山
真中へ現われたことは、やや飛び離れております。 いつ、どうして木曾を通ったか、不破《ふわ》や逢坂《おうさか》の関を越えたのはいつごろであったか、そんなことは目....
ドナウ源流行」より 著者:斎藤茂吉
う人は近江路や、夜をうねの野に啼く鶴も、子を思うかと哀なり。番場、醒が井、柏原、不破の関屋は荒れはてて、ただ漏るものは秋の月。不破の関の板間に、月のもるこそやさ....
生前身後の事」より 著者:中里介山
の巻」とは国民新聞に連載したのをまた改めて一冊とし、第十冊「弁信の巻」第十一冊「不破の関の巻」は全く書き下ろしの処女出版、第十二冊「白雲の巻」「胆吹の巻」は隣人....
明治開化 安吾捕物」より 著者:坂口安吾
。お葬式とは云え、死んだフリをして生きかえるという趣向のものだ。 山キの当主、不破喜兵衛は当年六十一。一月十三日というこの日が誕生日で、還暦祝いを葬式でやろう....
血ぬられた懐刀」より 著者:国枝史郎
も潔くやろう。二人の仲は今日限りに、あかの他人の昔に帰ろう。が、一言云って置く、不破小四郎は伴作殿の従兄で、関白殿下のご愛臣で美貌と権勢と財宝とを、三つながら遺....
安吾の新日本地理」より 著者:坂口安吾
武持統朝に妙なことが行われたのも、みなこの近辺をさしているのである。そして国史の不破の関はここではないが、人麻呂が歌によむ不破山は実はこのあたりにあって、恐らく....
かくれんぼ」より 著者:斎藤緑雨
打ち大方出来たらしい噂の土地に立ったを小春お夏が早々と聞き込み不断は若女形で行く不破名古屋も這般のことたる国家問題に属すと異議なく連合策が行われ党派の色分けを言....
間人考」より 著者:喜田貞吉
新撰姓氏録には杖部一家、丈部三家を録し、和名抄には、伊勢朝明郡、安房長狭郡、美濃不破郡、下野河内郡、同芳賀郡、陸奥磐井郡(?)等に杖部郷または丈部郷があり、その....
賤民概説」より 著者:喜田貞吉
に、畳が破れているとか、破れておらぬとかの問題も起るが、初めから畳がなければ、破不破の問題はない筈だ。今は末世末法の代で、戒律などは全然なくなっているのだから、....

「不破」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
不破の...:5回
不破喜...:1回
不破小...:1回
不破名...:1回
不破郡...:1回
不破や...:1回
不破伴...:1回
不破彦...:1回
不破伊...:1回
不破国...:1回
不破河...:1回
前1文字
、不破:7回
の不破:3回
「不破:2回
破不破:1回
濃不破:1回
く不破:1回