不義は御家の法度[語句情報] » 不義は御家の法度

「不義は御家の法度〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

不義は御家の法度の前後の文節・文章を表示しています。該当する1件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
南国太平記」より 著者:直木三十五
南玉が、扇を拡げて、右手で差上げた。 「然しでげす。そこに、道有り、作法有り、不義は御家の法度《はっと》とやら、万一そういうことがしったい致しました時には、憚....

「不義は御家の法度」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
不義は御家の法度と:1回
前1文字
、不義は御家の法度:1回