二八[語句情報] » 二八

「二八〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

二八の前後の文節・文章を表示しています。該当する15件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
或る女」より 著者:有島武郎
ぶふえました。三四十人もいますか。奥さんここが医務室です。何しろ九月といえば旧の二八月の八月ですから、太平洋のほうは暴《し》ける事もありますんだ。たまにはここに....
或る女」より 著者:有島武郎
も出さないで、旧友たちの通《とお》って来た道筋にひた走りに走り込もうとしていた。二八 こんな夢のような楽しさがたわいもなく一週間ほどはなんの故障もひき起こさ....
追憶」より 著者:芥川竜之介
するとそれらの一枚は、樹下に金髪の美人を立たせたウイスキイの会社の広告画だった。二八 水泳 僕の水泳を習ったのは日本水泳協会だった。水泳協会に通ったのは作家の....
宇宙の始まり」より 著者:アレニウススヴァンテ
優れていた。すなわち、毎月一様に三〇日という長さであったのに反して、我々の暦では二八日ないし三一日といういろいろな月の不合理な混乱が支配している。よく知られてい....
最終戦争論」より 著者:石原莞爾
的活動は更に多くを要求されるのである。専制的強制は自由活動を助長するためである(二八頁)。即ち統制は自由から専制への後退ではなく、自由と専制を巧みに総合、発展さ....
茶の本」より 著者:岡倉覚三
であったと述べてある。マルコポーロは、シナの市舶司が茶税を勝手に増したために、一二八五年免職になったことを記録している。ヨーロッパ人が、極東についていっそう多く....
獏鸚」より 著者:海野十三
。被害者の身許を調べてみると、もと『暁団』という暴力団にいた錨健次こと橋本健次(二八)だということが判明した。暁団といえば、古い伝統を引いた江戸|生えぬきの遊人....
幸福のうわおいぐつ」より 著者:アンデルセンハンス・クリスチャン
をおす土よりも重いのだ。 * ヤコブがみたという地上と天国をつなぐはしご(創世記二八ノ一二) ふたつの姿がへやのなかでちらちら動いていました。わたしたちはふた....
ファラデーの伝」より 著者:愛知敬一
銅板の下で磁針を廻すと、上方の銅板が廻り出すことも確かめた。 ファラデーは一八二八年四月。 一八三一年の夏磁石が動くらしいのを見た。 今日、王立協会の玄関....
旅客機事件」より 著者:大庭武年
って知っている。僕は結局想像を可及的に拡げてゆくより外に仕方はなかった。即ち一九二八年オランダであったと言う事件、すれ違った機から、その機の附属品が飛んで、他の....
註文帳」より 著者:泉鏡花
に日和下駄、後の減ったる代物、一体なら此奴豪勢に発奮むのだけれども、一進が一十、二八の二月で工面が悪し、霜枯から引続き我慢をしているが、とかく気になるという足取....
ピストルの使い方」より 著者:泉鏡花
する事は乱暴じゃが、ああ、優しいな。」 と、ほろりとして言った。 昭和三(一九二八)年二月....
甲州郡内妖怪事件取り調べ報告」より 著者:井上円了
、識者の判定を請わんと欲するにほかならざるなり。(完) 出典 『東京朝日新聞』第二八三四、二八三五、二八三七、二八三八号、明治二七(一八九四)年五月八日、九日、一一日、一二日、二面。....
妖怪学」より 著者:井上円了
者の本意を得るものなり。 出典 『哲学館講義録』第五学年度第四、九、一九―二〇、二八、三一―三二、三四、三六号(明治二四年一二月五日、同二五年一月二五日、五月五....
妖怪報告」より 著者:井上円了
期第三学年第七・八・九・一〇・一一・一六号、明治二三(一八九〇)年三月八・一八・二八日、四月八・一八日、六月八日、巻末、一―二、一―二、一―二頁。....

「二八」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
二八)...:2回
二八年...:2回
二八日...:2回
二八、...:1回
二八三...:1回
二八の...:1回
二八ノ...:1回
二八五...:1回
二八 ...:1回
二八 ...:1回
二八頁...:1回
二八月...:1回
前1文字
(二八:2回
九二八:2回
。二八:2回
、二八:2回
・二八:1回
第二八:1回
記二八:1回
は二八:1回
一二八:1回
の二八:1回
八二八:1回