仔細[語句情報] » 仔細

「仔細〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

仔細の前後の文節・文章を表示しています。該当する15件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
報恩記」より 著者:芥川竜之介
だ今では何とも申しようのない、悲しい目にも遇《あ》ったのでございます。どうかその仔細《しさい》を御聞きの上、罪びと北条屋弥三右衛門《ほうじょうややそうえもん》に....
邪宗門」より 著者:芥川竜之介
に、 「さてその姫君についてじゃが、予は聊《いささ》か密々に御意《ぎょい》得たい仔細《しさい》がある。」と、云って、一段とまた声をひそめながら、 「何と平太夫、....
或敵打の話」より 著者:芥川竜之介
ん》しながら、ともかくもその遺書を開いて見た。遺書には敵の消息と自刃《じじん》の仔細《しさい》とが認《したた》めてあった。「私儀《わたくしぎ》柔弱《にゅうじゃく....
毛利先生」より 著者:芥川竜之介
り》先生が、その古物の山高帽《やまたかぼう》を頂いて、例の紫の襟飾《ネクタイ》へ仔細《しさい》らしく手をやったまま、悠然として小さな体を現した。入口の前には一年....
」より 著者:芥川竜之介
来ていた、乞食坊主《こじきぼうず》の耳へはいった時、坊主は、貉の唄を歌う理由を、仔細らしく説明した。――仏説に転生輪廻《てんじょうりんね》と云う事がある。だから....
路上」より 著者:芥川竜之介
い耳を振って、大きな欠伸《あくび》を一つすると、そのまままたごろりと横になって、仔細《しさい》らしく俊助の靴の※《におい》を嗅ぎ出した。俊助は金口《きんぐち》の....
道祖問答」より 著者:芥川竜之介
翁を見た。翁は経机《きょうづくえ》の向うに白の水干《すいかん》の袖を掻き合せて、仔細《しさい》らしく坐っている。朦朧《もうろう》とはしながらも、烏帽子《えぼし》....
三右衛門の罪」より 著者:芥川竜之介
もしいやつだと思っている。 こう云う治修は今度のことも、自身こう云う三右衛門に仔細《しさい》を尋ねて見るよりほかに近途《ちかみち》はないと信じていた。 仰せ....
素戔嗚尊」より 著者:芥川竜之介
った。鳩は嫁莱の花を踏みながら、そっと彼の近くへ来た。そうして彼の寝顔を覗くと、仔細らしく首を傾けた。あたかもその微笑の意味を考えようとでもするように。―― ....
俊寛」より 著者:芥川竜之介
通り、御側勤《おそばづと》めをするつもりです。年とった一人の母さえ捨て、兄弟にも仔細《しさい》は話さずに、はるばるこの島へ渡って来たのは、そのためばかりではあり....
忠義」より 著者:芥川竜之介
る。」と云う。林右衛門が、どう云う人間かと云う事は、佐渡守もよく知っている。何か仔細《しさい》がなくては、妄《みだり》に主家《しゅか》を駈落ちなどする男ではない....
妖婆」より 著者:芥川竜之介
目な顔をして、「じゃお島婆さんに見て貰い給え。」と、熱心に勧め出しました。そこで仔細《しさい》を聞いて見ると、この神下しの婆と云うのは、二三年以前に浅草あたりか....
或る女」より 著者:有島武郎
木村の所に行くようになりましたの。木村、御存じでしょう」 細君がうなずいてなお仔細《しさい》を聞こうとすると、葉子は事もなげにさえぎって、 「だからきょうはお....
或る女」より 著者:有島武郎
個の失態のみならず、その汽船会社の体面にも影響する由々《ゆゆ》しき大事なり。事の仔細《しさい》はもれなく本紙の探知したる所なれども、改悛《かいしゅん》の余地を与....
霊界通信 小桜姫物語」より 著者:浅野和三郎
くも何ともないのでございます……。 私が三浦家への嫁入りにつきましては別に深い仔細はございませぬ。良人は私の父が見込んだのでございます。『たのもしい人物じゃ。....

「仔細」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
仔細ら...:5回
仔細を...:4回
仔細は...:3回
仔細が...:2回
仔細と...:1回
前1文字
、仔細:4回
の仔細:3回
い仔細:2回
で仔細:1回
お仔細:1回
か仔細:1回
に仔細:1回
へ仔細:1回
も仔細:1回