仔細[語句情報] » 仔細

「仔細を〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

仔細をの前後の文節・文章を表示しています。該当する15件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
邪宗門」より 著者:芥川竜之介
れるように御取り計らい申しましょう。」 二十四 その密談の仔細を甥の口から私が詳しく聞きましたのは、それから三四日たったある朝の事でござい....
忠義」より 著者:芥川竜之介
だり》に主家《しゅか》を駈落ちなどする男ではない。こう思ったから、佐渡守は、その仔細を尋ねると同時に、本家からの附人《つけびと》にどう云う間違いが起っても、親類....
妖婆」より 著者:芥川竜之介
答えるのです。そこで新蔵も気がかりになって、あの石河岸へ来るまでの間に、いろいろ仔細を尋ねましたが、お敏はただ苦しそうな微笑を洩らして、「こうしている所が見つか....
縁結び」より 著者:泉鏡花
顔だけれど、――名はお君という――その妓は熊野を踊ると、後できっと煩らうとの事。仔細を聞くと、させる境遇であるために、親の死目に合わなかったからであろう、と云っ....
草迷宮」より 著者:泉鏡花
握る、指と掌は動くけれども、肱は附着いてちっとも伸びず。銅で鋳たような。……その仔細を尋ぬれば、心がらとは言いながら、去る年、一|膳飯屋でぐでんになり、冥途の宵....
黒百合」より 著者:泉鏡花
後生になるのでございます。」 「可いじゃあないか、何も後にだってよ。」 義作が仔細を心得て、 「競争をしてるんでさ、評判なんで。おい、姉さん、御主人様がこちら....
朱日記」より 著者:泉鏡花
まあ、当りなさいと、炉の縁へ坐らせまして、手前も胡坐を掻いて、火をほじりほじり、仔細を聞きましても、何も言わずに、恍惚したように鬱込みまして、あの可愛げに掻合せ....
伯爵の釵」より 著者:泉鏡花
しては不可い。滝壷へ投沈めた同じ白金の釵が、その日のうちに再び紫玉の黒髪に戻った仔細を言おう。 池で、船の中へ鯉が飛込むと、弟子たちが手を拍つ、立騒ぐ声が響い....
半島一奇抄」より 著者:泉鏡花
で。……親子は顔を見合わせたそうですが、助け上げると、ぐしょ濡れの坊主です。――仔細を聞いても、何にも言わない。雫の垂る細い手で、ただ、陸を指して、上げてくれ、....
吉原新話」より 著者:泉鏡花
と民弥は、西片町のその住居で、安価い竈を背負って立つ、所帯の相棒、すなわち梅次に仔細を語る。……会のあった明晩で、夏の日を、日が暮れてからやっと帰ったが、時候あ....
備前天一坊」より 著者:江見水蔭
えて。 「まァまァお待ち下さりませ。何やら御様子ありげの今のお言葉、とにかくその仔細を、御差支無い限りは、手前どもにお聴かしの程願いまする」 「それは次第に依っ....
古事記」より 著者:太安万侶
たのには、「天若日子が久しく返事をしないが、どの神を遣して天若日子の留まつている仔細を尋ねさせようか」とお尋ねになりました。そこで大勢の神たちまたオモヒガネの神....
褐色の求道」より 著者:岡本かの子
の方を気にしながら、私の食事をサーヴィスしている形に見せつつ、彼の訊き度いと思う仔細を語った。 青年は名をベックリンと言って伯林商業大学の生徒だった。自活をし....
お住の霊」より 著者:岡本綺堂
一向その意を得ぬ事、一体どうした情由だと、最初は物柔かに尋ねたが、妹は容易にその仔細を明かさずただ一刻も彼の邸には居られませぬと云う。けれども小児では無し、ただ....
画工と幽霊」より 著者:岡本綺堂
ここに長居する気がないから、其日の中に早々ここを引払って、再び倫敦へ逃帰る。その仔細を知らぬ番人夫婦は、余りお早いではありませんか、せめてモウ五六日、せめて殿様....

「仔細を」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
仔細を尋...:4回
仔細を聞...:3回
仔細を語...:2回
仔細を明...:1回
仔細を知...:1回
仔細を、...:1回
仔細を言...:1回
仔細を心...:1回
仔細を甥...:1回
前1文字
の仔細を:6回
に仔細を:1回
る仔細を:1回
う仔細を:1回
―仔細を:1回
、仔細を:1回
ろ仔細を:1回
。仔細を:1回
が仔細を:1回
た仔細を:1回