仕上げ鉋[語句情報] » 仕上げ鉋

「仕上げ鉋〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

仕上げ鉋の前後の文節・文章を表示しています。該当する1件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
五重塔」より 著者:幸田露伴
い込み過ぎて居るではないか、念入りばかりで気に入るなら我たちもこれから羽目板にも仕上げ鉋、のろりのろりとしたたか清めて碁盤肌にでも削ろうかと僻みを云ったこともあ....

「仕上げ鉋」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
仕上げ鉋、:1回
前1文字
も仕上げ鉋:1回