仕事[語句情報] » 仕事

「仕事〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

仕事の前後の文節・文章を表示しています。該当する15件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
戯作三昧」より 著者:芥川竜之介
馬琴は、絵を眺めながら、つぶやくように礼を言った。未完成のままになっている彼の仕事のことが、この時彼の心の底に、なぜかふとひらめいたからである。が、崋山は崋山....
犬と笛」より 著者:芥川竜之介
ながひこ》は、大そう笛《ふえ》が上手でしたから、山へ木を伐《き》りに行く時でも、仕事の合い間合い間には、腰にさしている笛を出して、独りでその音《ね》を楽しんでい....
河童」より 著者:芥川竜之介
、聞きたまえ。感受性などの問題ではない。ロックはいつも安んじてあいつだけにできる仕事をしている。しかし僕はいらいらするのだ。それはロックの目から見れば、あるいは....
奇怪な再会」より 著者:芥川竜之介
、泥足のまま上《あが》って来なぞすると、一日腹を立てている事もあった。が、ほかに仕事のないお蓮は、子供のように犬を可愛がった。食事の時にも膳《ぜん》の側には、必....
お時儀」より 著者:芥川竜之介
の日も勤め先から四時二十分着の上り列車に乗った。何でもかすかな記憶によれば、調べ仕事に疲れていたせいか、汽車の中でもふだんのように本を読みなどはしなかったらしい....
海のほとり」より 著者:芥川竜之介
ように狐色《きつねいろ》に変り、穂先ごとに滴《しずく》をやどしていた。 「さあ、仕事でもするかな。」 Mは長ながと寝ころんだまま、糊《のり》の強い宿の湯帷子《....
」より 著者:芥川竜之介
目のあらい簾《すだれ》が、入口にぶらさげてあるので、往来の容子《ようす》は仕事場にいても、よく見えた。清水《きよみず》へ通う往来は、さっきから、人通りが絶....
犬養君に就いて」より 著者:芥川竜之介
は発見出来ない。僕はそこに若々しい一本の柳に似た感じを受けている。 いつか僕は仕事をしかけた犬養君に会った事があった。その時僕の見た犬養君の顔は(若し失礼でな....
ある自殺者の手記」より 著者:秋田滋
とを考えただけで、精神的にも肉体的にも疲労を感じてしまうので、私にはこの厭わしい仕事に手をつける勇気がなかったのである。 今夜、私は机の前に腰をかけて抽斗を開....
初雪」より 著者:秋田滋
片づけ出した。これがたッぷり一月かかった。何となく物足りない気はしたが、それでも仕事に紛れて、日が一日一日とたって行った。彼女は生活上の別に取り立てて云うほどの....
ファラデーの伝」より 著者:愛知敬一
隣りの準備室で行われた。その時デビーは「商売変えは見合わせたがよかろう。科学は、仕事がつらくて収入は少ないものだから」というた。この頃デビーは塩化窒素の研究中で....
スリーピー・ホローの伝説」より 著者:アーヴィングワシントン
したり、また好かれるようにしたりした。おりをみて、彼は百姓を手つだって、かるい畑仕事をしてやった。乾草つくりに手をかしたり、垣根をなおしたり、馬に水をのませに連....
親ごころ」より 著者:秋田滋
た路銀も費い果してしまった。そこで夫婦は農家や旅籠屋で日雇取りをして、一番賤しい仕事をあてがわれ、他人の残りものを食べて露命をつなぎ、夜はまた夜で、寒さに悩みな....
狂人日記」より 著者:秋田滋
下げて挨拶をしたものだった。 彼は犯罪を追求して弱いものを保護することを生涯の仕事とした。詐欺師や殺人犯人達にとって、彼ほど怖いものは無かった。という訳は、心....
三人の百姓」より 著者:秋田雨雀
ばかりの田を耕しながら、その合間に炭を焼いて三里ばかり離れた城下に売りに行くのを仕事にしておりました。 三人の百姓の生れた村というのは、それはそれは淋しい小さ....

「仕事」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
仕事を...:4回
仕事に...:4回
仕事の...:3回
仕事と...:1回
仕事が...:1回
仕事で...:1回
仕事場...:1回
前1文字
、仕事:3回
は仕事:2回
い仕事:2回
の仕事:2回
畑仕事:1回
を仕事:1回
も仕事:1回
べ仕事:1回
る仕事:1回
に仕事:1回