仕懸る[語句情報] » 仕懸る

「仕懸る〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

仕懸るの前後の文節・文章を表示しています。該当する2件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
風流仏」より 著者:幸田露伴
判を枷に約束を堅めけると、或書に見えしが、是も烏賊の墨で文字書き、亀の尿を印肉に仕懸るなど巧み出すより廃れて、当時は手早く女は男の公債証書を吾名にして取り置、男....
三国志」より 著者:吉川英治
使者は、追いついて、告げた。 「王命です。――戦場に着いても、かならず軽々しく仕懸るな、敵を浅く見るな。敵将関羽は、智勇兼備の聞えある者。くれぐれも大事をとっ....

「仕懸る」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
仕懸るな:2回
前1文字
く仕懸る:1回
に仕懸る:1回