仕舞う[語句情報] » 仕舞う

「仕舞う〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

仕舞うの前後の文節・文章を表示しています。該当する15件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
慈悲」より 著者:岡本かの子
のいうことをも直ぐ聞き入れてやる人、何事も他人の為に辞せない人、こう極《き》めて仕舞うのが普通でしょう。それはそうに違いないでしょう、それが慈悲ぶかい人の他人に....
」より 著者:岡本かの子
がいくら耽り込んでも、擾れるようなことはない。万事が手軽くこだわりなく行き過ぎて仕舞う。 福ずしへ来る客の常連は、元狩猟銃器店の主人、デパート外客廻り係長、歯....
深夜の市長」より 著者:海野十三
、実にうまく行ったのでございます。二十九日のたしか午後七時五十一分ごろ、もう店を仕舞うちょっと前のことでございますナ、お客様がお見えになりまして、手前の店払渡し....
鍵から抜け出した女」より 著者:海野十三
てグッと締めつけているのだった。 絶体絶命! 僕はこの女のため、金に変えられて仕舞う運命なのだろうか? 秀蓮尼庵室 腕を締めつけた女は、あまりに美しか....
地獄街道」より 著者:海野十三
が飛びこんだとしても、器械は顔色一つ変えることなく、ビール瓶と木箱と同じに扱って仕舞うことだろう」 辻永は大きく嘆息をした。 「すると君は、あの不幸な青年たち....
鶴は病みき」より 著者:岡本かの子
かもしれませんが、それ以上の個性とか、精神とか、つまり現象的な存在は全々消失して仕舞うから生存中の自己の現象的な産物の仕事なんかは、死後に全々消失する個性的な自....
河明り」より 著者:岡本かの子
あらゆる感覚の蓋を開いて、新奇な空気を吸収する、その眠たいまでに精神が表皮化して仕舞う忘我の心持ちに自分を托した。一つにはこの庭と茶室の一劃は、蔵住いと奥倉庫の....
かんかん虫」より 著者:有島武郎
たものが二三人居る。 起きろ野郎共、汽笛が鳴ってらい。さ、今日ですっかり片付けて仕舞うんだ。 而して大欠伸をしながら、彼は寝乱れた労働者の間を縫って、オデッサ....
露肆」より 著者:泉鏡花
時が過ぎ、半が過ぎ、どうじゃ諸君、やがて一時頃まで遣って来んぞ。 他の露店は皆仕舞うたんじゃ。それで無うてから既に露店の許された時間は経過して、僅に巡行の警官....
霊界通信 小桜姫物語」より 著者:浅野和三郎
ほどの難題はめったにありませぬ。さればとて、それが話の順序であれば、無理に省いて仕舞う訳にもまいりませず、本当に困って居るのでございまして……。ナニ成るべく詳し....
高原の太陽」より 著者:岡本かの子
だが不思議ですね。それほど女性の陰に悩まされた自分でありながら、さて女性に離れて仕舞うことになると、まるでぽかんとして仕舞うのですね」 それは恰度菓子造りの家....
唇草」より 著者:岡本かの子
陥るだけだ。肉体的の生命を注ぎ合うほど情感の濃い匂いは発散して、人間を白けさして仕舞うものだ。いけない。栖子と尾佐の結婚後の白け方を見よ!」 栖子も何となく躊....
ドーヴィル物語」より 著者:岡本かの子
になった。そのうちあの女も眼を醒まし、自分の居ないのが分ったら何処かへ出て行って仕舞うだろう――小田島はまたそっと部屋へ帰り、急いで平常着と着更えて足早に外へ出....
勝ずば」より 著者:岡本かの子
っと言葉に詰まった。でも、ぐずぐずしているうちに政枝の手首から多量の血が流れ出て仕舞う。多可子は焦った。 「ええ、理由がありますとも。でも、今はあんたが亢奮し過....
」より 著者:岡本かの子
ばんという貴公が、どうしたことだ。 ――実学も突き詰めてみると、幻の無限に入って仕舞う。時と場合と事情に適応した理論が、いつでも本当ということになる。この無限の....

「仕舞う」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
仕舞う。...:3回
仕舞うこ...:2回
仕舞う訳...:1回
仕舞うた...:1回
仕舞うも...:1回
仕舞うだ...:1回
仕舞うん...:1回
仕舞うか...:1回
仕舞うち...:1回
仕舞う運...:1回
仕舞うの...:1回
仕舞う忘...:1回
前1文字
て仕舞う:13回
皆仕舞う:1回
を仕舞う:1回