» 

「似〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

似の前後の文節・文章を表示しています。該当する15件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
浅草公園」より 著者:芥川竜之介
姿は勿論《もちろん》逆光線のために顔などははっきりとわからない。が、いつか少年にた、可憐《かれん》な顔を現してしまう。踊り子は静かに窓をあけ、小さい花束《はな....
或敵打の話」より 著者:芥川竜之介
た。甚太夫と平太郎とは、年輩こそかなり違っていたが、背恰好《せいかっこう》はよく寄っていた。その上|定紋《じょうもん》は二人とも、同じ丸に抱《だ》き明姜《みょ....
或日の大石内蔵助」より 著者:芥川竜之介
見た。相手は、この話をして聞かせるのが、何故《なぜ》か非常に得意らしい。 「今もよりの話を二つ三つ聞いて来ましたが、中でも可笑《おか》しかったのは、南八丁堀《....
或恋愛小説」より 著者:芥川竜之介
っとも僕の友人は美男《びなん》ですが、達雄は美男じゃありません。顔は一見ゴリラにた、東北生れの野蛮人《やばんじん》なのです。しかし目だけは天才らしい閃《ひらめ....
馬の脚」より 著者:芥川竜之介
った声の中に確かに馬の笑ったのを感じた。馬のみならず俺の喉《のど》もとにも嘶きにたものがこみ上げるのを感じた。この声を出しては大変である。俺は両耳へ手をやるが....
アグニの神」より 著者:芥川竜之介
ズ、気ガ遠クナッテシマウノデスガ、今夜ハソウナラナイ内ニ、ワザト魔法ニカカッタ真ヲシマス。ソウシテ私ヲオ父様ノ所ヘ返サナイト『アグニ』ノ神ガオ婆サンノ命ヲトル....
兄貴のような心持」より 著者:芥川竜之介
ろ/\考をまとめてくれる。このこっちの身になると云う事が、我々――殊に自分には真が出来ない。いや、実を云うと、自分の問題でもこっちの身になって考えないと云う事....
飯田蛇笏」より 著者:芥川竜之介
意し出した。勿論その句境も剽窃した。「癆咳の頬美しや冬帽子」「惣嫁指の白きも葱にたりけり」――僕は蛇笏の影響のもとにそう云う句なども製造した。 当時又可笑し....
犬養君に就いて」より 著者:芥川竜之介
う云う柔かい美しさは一寸他の作家達には発見出来ない。僕はそこに若々しい一本の柳にた感じを受けている。 いつか僕は仕事をしかけた犬養君に会った事があった。その....
初雪」より 著者:秋田滋
だからね。お前だって、もっと丈夫になれるのさ。こんな片田舎のことだ、巴里ッ児の真は出来るもんでもない、私たちは燠でまア辛抱しなけれアなるまいよ。それにもう、そ....
良夜」より 著者:饗庭篁村
眺むれば、両岸の家々の火、水に映じて涼しさを加え、いずこともなく聞く絃声流るるにて清し。月あれども地上の光天をかすめて無きが如く、来往の船は自ら点す燈におのが....
ファラデーの伝」より 著者:愛知敬一
。 大体の教義については、清教徒に近く、礼拝の形式においてはプレスビテリアンにている。しかしこの宗の信者は他の教会と全く不関焉で、他宗の信者を改宗させるため....
スリーピー・ホローの伝説」より 著者:アーヴィングワシントン
のようにゆるやかに渦巻いていたりして、かたわらを流れてゆく急流に乱されないのにもている。わたしがスリーピー・ホローの眠たげな森かげを歩いてから、もういくたの年....
親ごころ」より 著者:秋田滋
この男はあの若い女の許嫁なのだな) 彼はそう思った。 しかし彼には、この男にた青年にむかしどこかで出会ったことがあるような気がしたので、その日は夕がたまで....
狂人日記」より 著者:秋田滋
ものであるに違いない。という訳は、殺すということが、創り出すということに一番好くているからではなかろうか。つくること、滅すこと、この二つの言葉は、この世界のあ....

「似」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
似た...:6回
似て...:4回
似が...:1回
似は...:1回
似ヲ...:1回
似寄...:1回
似よ...:1回
前1文字
に似:8回
真似:3回
く似:2回
も似:2回