使い方[語句情報] » 使い方

「使い方も〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

使い方もの前後の文節・文章を表示しています。該当する11件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
第五氷河期」より 著者:海野十三
た。二千万円の無心状であった。一万人の日本人を救うというのは結構だとしても、その使い方もわからないのに、二千万円を支出するのはちょっと不可能なことである。総監は....
青蛙堂鬼談」より 著者:岡本綺堂
いところで見たのとは余ほど違っていて、かなりに古いものには相違ないのですが、刀の使い方もずいぶん不器用で、さのみの上作とは思われません。これが三歩では少し買いか....
ベートーヴェンの生涯」より 著者:片山敏彦
(ツェルニーに) 原注――「ベートーヴェンはピアニストとしては正確でなく、指の使い方もときどき誤っており、音質がぞんざいであった。しかし(彼が弾くのを聴いてい....
チベット旅行記」より 著者:河口慧海
剥出しで実に荒々しい風ですが、もうこの地方の住民は遊牧民とはすっかり違って言葉の使い方も幾分か都風になって居る。なお地方の訛言は免れて居りませんけれど……。 ....
入営する青年たちは何をなすべきか」より 著者:黒島伝治
い。軍隊の中に這入って、銃の持ち方や、射撃のし方を学ばなければならない。機関銃の使い方も、野砲の使い方も、重砲の使い方も、また飛行機の操縦法も、戦車の操縦法も学....
影のない犯人」より 著者:坂口安吾
んて例は、日本に於ては考えられませんよ」 「なぜですか。戦争に負けた国は、毒薬の使い方もできないものですかねえ」 「一般に、素人がそれを使いこなす生活や知識の基....
右門捕物帖」より 著者:佐々木味津三
えに、あの気違いをいいことさいわいにしながら、役者に使ったっていうんですよ。その使い方も罪なまねしやがったもんだが、かわいそうな気違いさんがね、もちをくれろ、も....
思想としての文学」より 著者:戸坂潤
ちまち感傷に変化してしまう。」 遇然とか日常性とか、特種とか普遍とかいう言葉の使い方も又その字さえも(遇然は偶然の方がよく特種は特ダネではないのだろうから特殊....
ジャン・クリストフ」より 著者:豊島与志雄
ルの介添人らと相談のうえ、武器はピストルにきめられた。クリストフはいかなる武器の使い方も知らなかった。それでグージャールは、いっしょに射撃場へ行って少しは稽古《....
ジャン・クリストフ」より 著者:豊島与志雄
った。ピストルを一つもっていたが、いつも家に置き忘れていた。そのうえ、ろくにその使い方も知らなかった。 クリストフはその訪問中、彼女に演奏さした。楽曲にたいす....
キャラコさん」より 著者:久生十蘭
》に使われると思いなさい。だいたい、その辺へ精神をすえて置けば、たいして間違った使い方もせずにすむだろう」 長六閣下は、※《あずち》のほうへ向きなおって、靫《....

「使い方も」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
使い方も知:2回
使い方も罪:1回
使い方も又:1回
使い方もで:1回
使い方もせ:1回
使い方も、:1回
使い方もず:1回
使い方もと:1回
使い方も幾:1回
使い方もわ:1回
前1文字
の使い方も:10回
た使い方も:1回