倡妓[語句情報] » 倡妓

「倡妓〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

倡妓の前後の文節・文章を表示しています。該当する1件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
法然行伝」より 著者:中里介山
都への出入がまだ許されない。処が建暦元年夏の頃上皇が八幡宮に御幸のあった時一人の倡妓があって、王者の徳失のことを口走り出した。 このことが法然流罪に関連して評....

「倡妓」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
倡妓が:1回
前1文字
の倡妓:1回