値下げ[語句情報] » 値下げ

「値下げ〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

値下げの前後の文節・文章を表示しています。該当する15件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
思想と風俗」より 著者:戸坂潤
で連盟側から二シーズン制復活運動が猛然と台頭したのである。文部省は遂に、入場料の値下げと各大学分配金の制限(六万円以内)とを条件として、二シーズン制の復活を許し....
道標」より 著者:宮本百合子
ない八月二十二日に、ランカシアの紡績労働者の大ストライキを、一二パーセントの賃銀値下げで、一ヵ月目に鎮圧した。一九二九年になってからイギリスの炭坑労働者の合理化....
世界の一環としての日本」より 著者:戸坂潤
の外交官まがいのジェスチュア、科学ペンクラブの成立、其の他、国定教科書の改正及び値下げの問題、中等学校教科書国定の問題。図書館「閲覧者大会」(三五年二月)・議院....
社会時評」より 著者:戸坂潤
京は突然、登録労働者の賃金(一円六〇銭乃至一円三十五銭)を八月一日から約六分五厘値下げすることを発表した。理由は内務省から来る補助費が減額されたからというのであ....
現代日本の思想対立」より 著者:戸坂潤
振興調査会の極めて慎重な専門的な研究の結果、電気事業で一儲けすることと、電力料の値下げとに如くはないということになったわけだったが、処が東北の農民自身は無論電気....
踊る地平線」より 著者:谷譲次
聞える。まるで年の暮れに猶太人の莫大小屋が、一|弗の股引を九十九|仙に「思い切り値下げ」して、「犠牲的大廉売」、「自殺か奉仕かこの英断!」なんかと楽隊入りで広告....
百姓弥之助の話」より 著者:中里介山
一般に盛んに使用される様になったのは弥之助が二十二三歳の頃でもあったろうか、電燈値下げの殊勲者としては実業の世界社だの都新聞だのというものが先陣を切ったもので、....
立枯れ」より 著者:豊島与志雄
ければなりませんし……。」 それはまた、中江にとっては、意外な言葉だった。賃銀値下げと馘首とに対する絶対反対は、あらゆる場合の主要条項たるべき筈だったのである....
入営する青年たちは何をなすべきか」より 著者:黒島伝治
い。物を考えるひまがない。工場や、農村に残っている同志や親爺には、工場主の賃銀の値下げがある。馘首がある。地主の小作料の引上げや、立入禁止、又も差押えがある。労....
明日は天気になれ」より 著者:坂口安吾
」 なぞとやってる。この連中が相談して、 「毎日の常連は会員ちゅうことにして、値下げしなあかん。どや」 一日十五銭のところを会員に限り十銭ということになった....
」より 著者:織田作之助
怪しげな喫茶店の女給から小銭をまきあげたり、友達にたかったりするばかりか、授業料値下げすべしというビラをまくことを以て、主義に忠実な所以だとしている阿呆であった....
空中征服」より 著者:賀川豊彦
しょう」 「ウム、知っているよ、それがどうしたのです? 」 「あの時に私らが賃銀値下げに反対した指導者であったものですから、首を斬られたのです」 「それは気の毒....
浅沼稲次郎の三つの代表的演説」より 著者:浅沼稲次郎
農政だか、解釈に苦しむものがあるのであります。農民の熾烈なる要求に申訳的に肥料の値下げをやりましたが、農民の憤激は高まっております。吉田内閣打倒の声は農村に満ち....
濹東綺譚」より 著者:永井荷風
暁一時過ぎまで延長したことと、市内一円の札を掲げた辻自動車が五十銭から三十銭まで値下げをした事とに基くのだと言って、いつものように眼鏡を取って、その細い眼を瞬《....
五銭のあたま」より 著者:小川未明
にちがいないと、一|軒の主人は考えたのです。そこで、その店は、子供の頭を八|銭に値下げしました。すると、はたして、主人が考えたように、お客は、みんなその安い店へ....

「値下げ」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
値下げと...:3回
値下げす...:2回
値下げの...:2回
値下げし...:2回
値下げを...:2回
値下げに...:1回
値下げ」...:1回
値下げで...:1回
値下げが...:1回
前1文字
の値下げ:4回
銀値下げ:3回
料値下げ:1回
に値下げ:1回
、値下げ:1回
で値下げ:1回
り値下げ:1回
び値下げ:1回
厘値下げ:1回
燈値下げ:1回