冥利が悪い[語句情報] » 冥利が悪い

「冥利が悪い〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

冥利が悪いの前後の文節・文章を表示しています。該当する3件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
敵討札所の霊験」より 著者:三遊亭円朝
っては困りますね、年の往かない中は下らないもので、女郎子供とは宜く云ったもので、冥利が悪いことで、その冥利で今は斯うやって斯う云う処へ来て、貧乏の世帯にわく/\....
化銀杏」より 著者:泉鏡花
見棄てるか、吾を殺すか、うむ、どちらにするな。何でも負債を返さないでは、あんまり冥利が悪いでないか。いや、ないかどころでない! そうしなけりゃ許さんのだ。うむ、....
塩原多助一代記」より 著者:三遊亭円朝
多「へえ、圓次の墓参りに参りやした」 かめ「そうか、墓参りでもしてやらなければ冥利が悪いから、度々してやんなよ、圓次も浮ばれやしないのサ」 多「誠に気の毒な事....

「冥利が悪い」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
冥利が悪いか:1回
冥利が悪いで:1回
冥利が悪いこ:1回
前1文字
ば冥利が悪い:1回
り冥利が悪い:1回
、冥利が悪い:1回