冥加に余る[語句情報] » 冥加に余る

「冥加に余る〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

冥加に余るの前後の文節・文章を表示しています。該当する2件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
円朝花火」より 著者:正岡容
…」 「それがお心得ちがいでございます。不肖圓朝の芸をひいきにしてくださるのは、冥加に余る喜びでございますが、それとこれとはまた別でございます」 「……でも……....
三国志」より 著者:吉川英治
な特旨。何してもご名誉この上もないことだ」 「徳うすく功も乏しき微臣に、まったく冥加に余ることと感泣しております」 「さもあろう。曹操なども、少しあなたにあやか....

「冥加に余る」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
冥加に余るこ:1回
冥加に余る喜:1回
前1文字
く冥加に余る:1回
、冥加に余る:1回