冥加に尽きる[語句情報] » 冥加に尽きる

「冥加に尽きる〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

冥加に尽きるの前後の文節・文章を表示しています。該当する2件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
煩悩秘文書」より 著者:林不忘
毒の至りだ。」 「千浪さまに、あんなに慕われる大次郎先生を思うと、人ごとながら、冥加に尽きるような気がするなあ。」 「しかし、おれはいつも不思議に思うのだが、顔....
たぬき汁」より 著者:佐藤垢石
であるかのように食って掛かるのだ。 他の友人は、自分ひとりで平らげてしまうのは冥加に尽きるとあって、三、四人の親戚を呼び集め、銀狐のすき焼きをやったそうだ。と....

「冥加に尽きる」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
冥加に尽きると:1回
冥加に尽きるよ:1回
前1文字
は冥加に尽きる:1回
、冥加に尽きる:1回