冥境[語句情報] » 冥境

「冥境〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

冥境の前後の文節・文章を表示しています。該当する1件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
ある完全犯罪人の手記」より 著者:酒井嘉七
いか、私はこう恐れていた。 ……父親はこの問題に関しては遂に一と言も口にせず幽冥境を異にした。 ○月 ○日 子供に秘められた血族関係の問題は世に多い。しかし....

「冥境」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
冥境を:1回
前1文字
幽冥境:1回