冬物[語句情報] » 冬物

「冬物〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

冬物の前後の文節・文章を表示しています。該当する15件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
あらくれ」より 著者:徳田秋声
しあい》でか、当分植源にいっていることに決められたお島は、そこで台所に働いたり、冬物の針仕事に坐ったりしていた。ぐれ出した鶴さんは、口喧《くちやかま》しい隠居の....
両国の秋」より 著者:岡本綺堂
秋風が立っちゃあ遣り切れねえから、御用人を口説いて二歩借りて、これと一緒に羽織や冬物を受けて来た」 「不二屋へ運ぶのが忙がしいから、身のまわりなんぞには手が届か....
大島が出来る話」より 著者:菊池寛
姿に気が附いて、思わず苦笑する事も屡々《しばしば》あった。 その裡に秋が来て、冬物を着るシーズンとなっても、大島の揃は、中々出来る様子は見えなかった。妻はよく....
青春の逆説」より 著者:織田作之助
おまけに、既製品だと見えて、身に合わずぶくぶくなのだ。なお、仔細に見れば、洋服は冬物ではないらしい。ネクタイだって、みじめなものだった。昨夜と同じ柄だが昨夜より....
街頭から見た新東京の裏面」より 著者:杉山萠円
》で、いずれもあまり照り降りはないと云える。あるとすれば身から出た錆《さび》か、冬物の質受け、もしくは病気等いう内側から湧いた照り降りである。下層や上層の社会の....
縮図」より 著者:徳田秋声
た。 夏の移り替えになると、春よしのお神は、丸抱えの座敷着に帯、長襦袢といった冬物を、篏め込みになっている三|棹ばかりの箪笥のけんどんから取りだし、電話で質屋....
足迹」より 著者:徳田秋声
は、切ないような気がして、黙っていた。 母親は、押入れの葛籠のなかから、子供の冬物を引っ張り出して見ていた。田舎から除けて持って来てた、丹念に始末をしておいた....
」より 著者:徳田秋声
ないので、帰省して出て来ると、自分で尽頭の一軒を占めることにした。その日もお銀に冬物を行李から出させて、日に干させなどしていた。そして母親が、その世話をすること....
死までを語る」より 著者:直木三十五
「何うして」 「明日から十月でしょう」 「うん」 「この着物で――歩けないわ」冬物が、値がいいので、ことごとく入質して、夏物のみである。この夏物と、冬物は交換....
壊滅の序曲」より 著者:原民喜
集団疎開地の先生から、父兄の面会日を通知して来た。三次の方へ訪ねて行くとなれば、冬物一切を持って行ってやりたいし、疎開の荷造やら、学童へ持って行ってやる品の準備....
大菩薩峠」より 著者:中里介山
精が出ますねえ」 「いいえ」 「何を縫っていらっしゃるの」 「何でもありません、冬物の仕度を少しばかり……」 「そうですか、お手廻しがようございますねえ」 「急....
原爆詩集」より 著者:峠三吉
かみに雪をかずいて眠る 雪の刃は遠くから生活の眉間に光をあてる 妻よ 今宵もまた冬物のしたくを嘆くか 枯れた菊は 花瓶のプロムナードにまつわり 生れる子供を夢み....
獄中への手紙」より 著者:宮本百合子
実記』 『神々は渇く』(不許) *『山谿に生くる人々』 『リカアドウ』 *『冬物語』 Red star over China 不許 *『批評精神』 *『フ....
銀三十枚」より 著者:国枝史郎
いいだろう」 おずおず眼をあけて車外を覗いた。 そこは賑かな広小路であった。冬物が飾り窓に並べられてあった。それを覗いている女があった。寒そうに髱立っていた....
人狼」より 著者:岡本綺堂
九月の声を聞くと秋風が身にしみて来る。どこかで砧を打つ声が聞えたり、この娘たちが冬物を縫っているのを見たりすると、冬がもう眼の前へ押寄せて来たように思われますよ....

「冬物」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
冬物を...:6回
冬物の...:4回
冬物が...:2回
冬物語...:1回
冬物で...:1回
冬物一...:1回
前1文字
、冬物:5回
た冬物:2回
『冬物:1回
。冬物:1回
が冬物:1回
」冬物:1回
の冬物:1回
や冬物:1回
は冬物:1回
に冬物:1回