冬空[語句情報] » 冬空

「冬空〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

冬空の前後の文節・文章を表示しています。該当する15件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
青春の逆説」より 著者:織田作之助
ないと、豹一は思っていた。それどころか、どうやら軽蔑していると思われる節もある。冬空にオーバーもなしに、柄にもない喫茶店へまぎれ込んで来た男など、充分軽蔑に価す....
半七捕物帳」より 著者:岡本綺堂
》っても、それが何者かの悪戯《いたずら》であることは誰にも想像された。おいおいに冬空に近づいて、火というものに対する恐れが強くなって来たのに付け込んで、何者かが....
古狢」より 著者:泉鏡花
うその娘……といっても一度縁着いた出戻りの二十七八。で、親まさりの別嬪が冴返って冬空に麗かである。それでも、どこかひけめのある身の、縞のおめしも、一層なよやかに....
南地心中」より 著者:泉鏡花
のような、音に聞いた淀川が、大阪を真二つに分けたように悠揚流れる。 電車の塵も冬空です……澄透った空に晃々と太陽が照って、五月頃の潮が押寄せるかと思う人通りの....
薄紅梅」より 著者:泉鏡花
着に及んだ礼服を、返りがけに質屋の店さきで、腰を掛けながら引剥ぐと、江戸川べりの冬空に――いいかね――青山から、歩行で一度中の橋手前の銀行へ寄ったんだ。――着流....
半七捕物帳」より 著者:岡本綺堂
、どこへ……」 声をかけられて清次郎は黙って会釈した。若い番頭の顔色はきょうの冬空よりも陰っているのがいよいよ半七の眼についた。 「かぜでも引きなすったかえ、....
次郎物語」より 著者:下村湖人
っと小一里もあった。 次郎が家を出たのは、二時をちょっと過ぎたばかりだったが、冬空が曇っていたせいか、すぐにも日が暮れそうで、いやに淋しかった。刈田には、まだ....
淪落の青春」より 著者:坂口安吾
婦になっている。あのころ可愛いゝと思った顔は、まだいくらか面影はあるが、頬はこの冬空にも陽やけして光り、その手は女中の手ではなく、農婦の逞しくふくれ、盛り上って....
織田信長」より 著者:坂口安吾
だけで、又歩きながら、瓜がくいたかっただけのことだ。立派な壮年の大将となっても、冬空にフンドシ一つで、短刀くわえて、大蛇見物に池の中へプクプクもぐりこむ信長なの....
次郎物語」より 著者:下村湖人
としてはおれないといった気配である。 間もなく雀は力強い羽音をたて、澄みきった冬空に浮き彫りのように静まりかえっている櫟の疎林をぬけて、遠くに飛び去った。そし....
黄八丈の小袖」より 著者:岡本綺堂
に末になって伝馬町の牢屋でも板間の下で※が鳴いた。家根の上を雁が鳴いて通った暗い冬空が近づくと共に罪人の悲しい運命も終りに近づいて来たが、何分にも死罪の多い裁判....
小坂部姫」より 著者:岡本綺堂
した。 「おお、いかにも朝夕は俄かに冷えて来たようじゃ。都の冬も近づいたわ。その冬空にむかって北国の南朝方が又もや頭をもたげたとかいうので、きのうも今日もその注....
雪柳」より 著者:泉鏡花
どうしても侘しい片山家の木賃宿。いや、下宿の三階建の構だったのですが、頼む木蔭に冬空の雨が漏って、洋燈の笠さえ破れている。ほやの亀裂を紙で繕って、崩れた壁より、....
百姓の夢」より 著者:小川未明
っていました。 少々隔たったところには、高い大きな松の木がありました。木の上の冬空は、雲ゆきが早くて、じっと下界を見おろしていました。百|姓の家は、ここからまだ遠かったのです。....
世間師」より 著者:小栗風葉
、そのくせ向河岸の屋根でも壁でも濃くはっきりと目に映る。どうしてももう秋も末だ、冬空に近い。私は袷の襟を堅く合せた。 「ねえ君、二三日待ちなせえよ。きっと送るか....

「冬空」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
冬空に...:9回
冬空が...:2回
冬空は...:1回
冬空の...:1回
冬空よ...:1回
冬空で...:1回
前1文字
の冬空:5回
、冬空:3回
に冬空:2回
い冬空:1回
た冬空:1回
も冬空:1回
て冬空:1回
。冬空:1回