冬羽織[語句情報] » 冬羽織

「冬羽織〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

冬羽織の前後の文節・文章を表示しています。該当する2件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
千世子(二)」より 著者:宮本百合子
工」のものなんかも一緒に居る。 それでも夏はそれほどひどくは気にならないけれど冬羽織着物、下着、半衿とあんまり違《ちが》う色を用《つか》うのは千世子は好《す》....
獄中への手紙」より 著者:宮本百合子
足袋明日お送りします。 昨夜ふと気になったらえらく心配になりましたが、あなたの冬羽織、下着、どてら、毛のジャケツ一組等はどこにあるでしょう。まだお下げにならな....

「冬羽織」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
冬羽織、:1回
冬羽織着:1回
前1文字
の冬羽織:1回
ど冬羽織:1回