冬菜[語句情報] » 冬菜

「冬菜〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

冬菜の前後の文節・文章を表示しています。該当する6件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
半七捕物帳」より 著者:岡本綺堂
り》を見まわすと、三十格好の女房が真っ赤な手をしながら井戸端で大束《おおたば》の冬菜《ふゆな》を洗っていて、そのそばに七つ八つの男の児が立っていた。 「もし、お....
河明り」より 著者:岡本かの子
ない、そして実質的に食べられるものを親切に選んであった。特に女の眼を悦ばせそうな冬菜は、形のまま青く茹で上げ、小鳥は肉を磨り潰して、枇杷の花の形に練り慥えてあっ....
夜明け前」より 著者:島崎藤村
こういう時になくてならないのは清助の手だ。手先のきく清助は半蔵よりずっと器用に、冬菜、鶯菜、牛蒡、人参などの野菜を色どりよく取り合わせ、干し柿の類をも添え、台の....
夜明け前」より 著者:島崎藤村
では十人あまりへ胡桃餅を出す、早朝から風呂を焚く、あとで出す茶漬けの菜には煮豆に冬菜のひたしぐらいでよろしの類だ。寺は精舎とも、清浄地とも言わるるところから思い....
禰宜様宮田」より 著者:宮本百合子
さえ、足の竦《すく》むような気のする彼は、せめてものお詫びのしるしにと、新らしい冬菜《とうな》をたくさん車にのせて、おずおずと出かけて行ったのである。 台所の....
」より 著者:田中貢太郎
離れると中野村と云う小村が来た。路の右手に杉林が見えて其の前が畑地になり、大根や冬菜のようなものを作ってあった。麦を蒔いたらしい土をならした畑もあった。菜畑には....

「冬菜」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
冬菜を:2回
冬菜の:2回
冬菜は:1回
冬菜、:1回
前1文字
い冬菜:1回
や冬菜:1回
に冬菜:1回
、冬菜:1回
な冬菜:1回
の冬菜:1回