出来上る[語句情報] » 出来上る

「出来上る〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

出来上るの前後の文節・文章を表示しています。該当する15件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
文章」より 著者:芥川竜之介
いている場合ではない。昼夜兼行に勉強しても、元来仕事に手間《てま》のかかる彼には出来上るかどうか疑問である。保吉はいよいよ弔辞に対する忌《いま》いましさを感じ出....
」より 著者:芥川竜之介
ばゆ》いほどもう白々《しろじろ》と、真夏の日の光を照り返していた。 蜘蛛は巣が出来上ると、その華奢《きゃしゃ》な嚢の底に、無数の卵を産み落した。それからまた嚢....
碁石を呑んだ八っちゃん」より 著者:有島武郎
はあんまり大きく作ったので、片方の耳の先きが足りなかった。もう十ほどあればうまく出来上るんだけれども、八っちゃんが持っていってしまったんだから仕方がない。 「八....
美術曲芸しん粉細工」より 著者:阿部徳蔵
が、これが又、非常な速さで、大概の花は五分以内で仕上げてしまふ。 かうして花が出来上ると、客の抜いた籤と照合せる。が、勿論前に記したやうな仕組になつてゐるのだ....
赤外線男」より 著者:海野十三
白丘ダリアの入所後はやくも五日のちには、赤外線テレヴィジョン装置がもう一と息で出来上るというところまで漕ぎつけた。 ところが其の朝に限って、いつもなら午前七....
海底都市」より 著者:海野十三
ているのですよ」 とタクマ少年はいった。 「もう一時間もすれば、予定の棚は全部出来上るそうです。棚が出来たところからは、更に下へ向かって柱をたてます。どんどん....
未来の地下戦車長」より 著者:海野十三
て、自分をはげましているのであった。 はたして、地下戦車は、一郎の手によって、出来上るだろうか。今のところ、少年修理工岡部一郎と地下戦車との間には、あまりに大....
火星兵団」より 著者:海野十三
るのか」 「知っているよ。博士は、薬を作っているのだ。だが、それはいつになったら出来上るのか、見当がつかないんだ」 「困ったねえ」 地底からは、火星人の言葉で....
浮かぶ飛行島」より 著者:海野十三
序に、中央から始って両側へと、骨組の難工事はおしすすめられてゆくのだった。それが出来上ると、甲板上の大きな室ができたり、そのほかこまごました装置が取付けられたり....
霊訓」より 著者:浅野和三郎
しである。何の得る所なき自己陶酔、キザな神様気取りの、聖者気取りの穀潰しが、一人出来上る丈である。日本国民は、一時も早くそんな陋態から蝉脱して、一歩一歩向上の生....
朝顔日記の深雪と淀君」より 著者:上村松園
るものですから其処に少しも調和のとれない、混雑した、落着かない好もしからぬ風俗が出来上るのだと思います。 近頃の電車の中などでも、昔のように丸髷や文金などの高....
三人の師」より 著者:上村松園
風の二つがごっちゃになって、どうしても正しい絵にならない。落ちつきのない画ばかり出来上るのである。 楳嶺先生はそのような不純な絵を悦ばれる筈はない。よい顔は一....
浮世絵画家の肉筆」より 著者:上村松園
彫りの巧さ、刷り上げの巧さ、そういうものが重なり重なりして、あの纒まった芸術品が出来上るのですから、私は作家のみならず、そういう工人たちにも多くの手柄があるのだ....
棲霞軒雑記」より 著者:上村松園
の残した言葉は不動である。 誤ったために、その失敗を工夫して生かし思わぬ佳作が出来上ることがある。そのような時はまた格別に嬉しい。それは画境に一進展の兆しがあ....
戦争史大観」より 著者:石原莞爾
ならば極めて長期の戦争を予期せねばならぬ。米国は更に建艦速度を増し、所望の実力が出来上るまでは決戦を避けるであろう。自分に都合よいように理屈をつける事は危険千万....

「出来上る」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
出来上るの...:4回
出来上ると...:4回
出来上る丈...:1回
出来上るま...:1回
出来上るこ...:1回
出来上るだ...:1回
出来上るん...:1回
出来上るそ...:1回
出来上るか...:1回
前1文字
が出来上る:7回
ら出来上る:1回
人出来上る:1回
り出来上る:1回
、出来上る:1回
部出来上る:1回
く出来上る:1回
で出来上る:1回
は出来上る:1回