刃向う[語句情報] » 刃向う

「刃向う〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

刃向うの前後の文節・文章を表示しています。該当する15件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
第五氷河期」より 著者:海野十三
予報が、このごろになって、やっと大分あたるようになったくらいだ。自然の大きな力に刃向う人知の大きさは、人間に手向う蟻の力よりもはるかに小さい。いったい、このごろ....
名君忠之」より 著者:夢野久作
るによって、万一御無礼でも致しましては……」 「イヤイヤ。要らざる遠慮じゃ。余に刃向う程の小伜なればイヨイヨ面白い。コレ小僧。与一とやら。顔を見せい。余が忠之じ....
蟹工船」より 著者:小林多喜二
をあげて、ダンスの時のような足ぶみをした。 「日本、働く人、やる。(立ち上って、刃向う恰好)うれしい。ロシア、みんな嬉しい。バンザイ。――貴方方、船へかえる。貴....
煩悩秘文書」より 著者:林不忘
恨みに思えばとて、相手は一藩の主、手前は郷士上りの一武芸者、竜車《りゅうしゃ》に刃向う蟷螂《とうろう》のなんとやら、これでは、頭《てん》から芝居になりませぬ。あ....
ドグラ・マグラ」より 著者:夢野久作
事を、余りにも深く確信していた。……同時にその二人が揃いも揃って、繊弱い女の手で刃向うべく、余りに恐ろしい相手である事を、知って知り抜きながらも必死と吾児を抱き....
微笑」より 著者:横光利一
たようだった。便便として為すところなき梶自身の無力さに対する嫌悪や、栖方の世界に刃向う敵意や、殺人機の製造を目撃する淋しさや、勝利への予想に興奮する疲労や、――....
青年」より 著者:森鴎外
も取って置いてくれいなんぞと云うことさえある。袖浦館の上から下まで、大石の金力に刃向うものはない。それでいて、着物なんぞは随分質素にしている。今着ている銘撰の綿....
怪談牡丹灯籠」より 著者:三遊亭円朝
こでせえでございます。源次郎は一刀の鍔前に手を掛けてはいるものゝ、気憶れがいたし刃向う事は出来ませんで竦んで仕舞いました。 源「伯父様、私をどうなさるお積りで」....
大菩薩峠」より 著者:中里介山
のがありとすれば、それは兵馬一人じゃ。同流の門下などは拙者を憎みこそすれ、拙者に刃向うほどの大胆な奴はあるまいけれど、文之丞には肉親の弟なる兵馬というものがある....
人造人間の秘密」より 著者:海野十三
人間の部隊は、いずれそのうち、欧洲戦線のどこかに、必ず姿をあらわして、ドイツ軍に刃向う敵軍を、徹底的に圧迫するにちがいない。....
日輪」より 著者:横光利一
悲しみは、突然|憤怒となって爆発した。それは地上の特権であった暴虐な男性の腕力に刃向う彼女の反逆であり怨恨であった。彼女の眼は次第に激しく波動する両肩の起伏につ....
じいさんばあさん」より 著者:森鴎外
刃が閃いて、下島は額を一|刀切られた。 下島は切られながら刀を抜いたが、伊織に刃向うかと思うと、そうでなく、白刃を提げたまま、身を飜して玄関へ逃げた。 伊織....
昭和遊撃隊」より 著者:平田晋策
聖な軍隊の守る神州を、君らの泥足で汚されてたまるものか。スミス中佐、君らは太陽に刃向う世界の敵ですよ。」 中将は、威厳と情《なさけ》にかがやく眼で、スミス中佐....
小坂部姫」より 著者:岡本綺堂
。甥とはいいながら師冬は養い子じゃが、おのれは現在の生みの子で、兄と一致して父に刃向うとは……。おのれも勘当されたいか。」 「現在の娘なればこそ親の罪を救おうと....
審判」より 著者:カフカフランツ
いた。 「なぜあなたがやきもちなんか焼くのか、私にもわかりませんね」と、ほとんど刃向う様子もなく言った。 「私にもほんとうはわかりませんよ」と、Kは言い、微笑し....

「刃向う」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
刃向う敵...:2回
刃向う彼...:1回
刃向うか...:1回
刃向う世...:1回
刃向う様...:1回
刃向うと...:1回
刃向うほ...:1回
刃向うも...:1回
刃向う恰...:1回
刃向う程...:1回
刃向う蟷...:1回
刃向うべ...:1回
刃向う人...:1回
刃向う事...:1回
前1文字
に刃向う:11回
ど刃向う:1回
し刃向う:1回
で刃向う:1回
、刃向う:1回