刃文[語句情報] » 刃文

「刃文〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

刃文の前後の文節・文章を表示しています。該当する2件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
寛永相合傘」より 著者:林不忘
譲る気になって、 「しかし――何じゃ?」 「しかし、」甚吾がつづける。「しかし、刃文《もよう》と言い、さまで古からぬ切込みのあんばいと言い、何とあってもここは粟....
大菩薩峠」より 著者:中里介山
この類の程度はありません――誰ですか、相州の五郎入道正宗ですか」 仔細らしく、刃文《はもん》の匂いのところを見渡しているが、なおいっこう返事がないものですから....

「刃文」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
刃文の:1回
刃文と:1回
前1文字
、刃文:2回