分譲[語句情報] » 分譲

「分譲〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

分譲の前後の文節・文章を表示しています。該当する15件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
接吻を盗む女の話」より 著者:佐左木俊郎
がした。 明るい商店続きの町を出外《ではず》れると、そこから二三町ほどの間は、分譲住宅地として取り残されている荒れ野原だった。三枝子はそこを斜めに横切るのだっ....
惜みなく愛は奪う」より 著者:有島武郎
ことを互に要求した。クルーソーは自己に対する道徳とフライデーに対する道徳との間に分譲点を見出さねばならなかった。フライデーも同じ努力をクルーソーに対してなした。....
綺堂むかし語り」より 著者:岡本綺堂
飛んで来る鳶は近所の西郷山に巣を作っているらしい。その西郷山もおいおいに拓かれて分譲地となりつつあるから、やがてはここらにも鳶の棲家を失うことになるかも知れない....
東京八景」より 著者:太宰治
した。言約を潔癖に守る兄である。Hはのんきな顔をしてやって来た。五反田の、島津公分譲地の傍に三十円の家を借りて住んだ。Hは甲斐甲斐しく立ち働いた。私は、二十三歳....
縮図」より 著者:徳田秋声
備を用意して移転を開始し、土地を開放したところで、永い間の悩みも解消され、半分は分譲し、半分は遊園地の設計をすることにして、あまり安くない値で買い取ったのであっ....
思想と風俗」より 著者:戸坂潤
的普及ということでなくてはならぬのである。単にアカデミックな知識を一般の素人にも分譲するということなら、夫は何等啓蒙活動ではない。啓蒙とは知識なり見解なりをある....
火薬船」より 著者:海野十三
るとあがった。 すると、すぐノーマ号から返事があった。 “飲料水、野菜、果実ノ分譲ヲ乞ウ。高価ヲ以テ購ウ” それを見て虎船長は、 「駄目だ。本船にも、その貯....
社会時評」より 著者:戸坂潤
、医学の家元は、そうした秘伝を授けることが出来ないので、その代りに研究のテーマを分譲したり、研究論文を審査したりするのである。だが、それにした処が、医学博士の家....
かの女の朝」より 著者:岡本かの子
れて行ってかの女と逸作が一昨年|帰える時、息子ばかりが巴里に残った。 かの女が分譲地の標札の前に停って、息子に対する妄想を逞しくして居る間、逸作は二間|程離れ....
火の扉」より 著者:岸田国士
このあたりは、東京から一時間という郊外電車の沿線で、数十年前に植林を切りひらいた分譲地であるが、住宅はまだ建ちそろわず、道路だけは広く縦横に通じているけれども、....
備前天一坊」より 著者:江見水蔭
のだから、それにも実は及ばぬ次第。近々御隠居ともならば、私田を御次男御三男にも御分譲。政言殿には二万五千石。輝録殿には一万五千石と、内々御決定の折柄に、又そこへ....
豆腐買い」より 著者:岡本かの子
でそのカーヴの線と表通りの直線とに挟まれて三日月形になった空地がある。信託会社の分譲地の柱が立っている。ふさがっているのは表通りの右端の二区切りだけで、あとは古....
自殺か他殺か」より 著者:小酒井不木
に寄付するということが書かれてありましたが、それを水野氏に頼んで、あなたにも一部分譲ることに書きかえようとしたのです。 ところが、あなたは藤田さんを殺したから....
我家の園芸」より 著者:岡本綺堂
好まない。チューリップ、カンナ、ダリアのたぐいも多少は栽えるが、それに広い地面を分譲しようとは思わない。日本の草花でも優しげな、なよなよと百日草と薄、それに次い....
日本の頭脳調べ」より 著者:戸坂潤
と云うのは竹内氏は科学の啓蒙、通俗化、というようなことを、何か素人に対する知能の分譲か、ニュースの提供とでも考えているようだ。之また科学者の一つの大切な役割では....

「分譲」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
分譲地...:5回
分譲し...:3回
分譲る...:1回
分譲。...:1回
分譲か...:1回
分譲す...:1回
分譲点...:1回
分譲住...:1回
分譲ヲ...:1回
前1文字
を分譲:2回
の分譲:2回
が分譲:1回
た分譲:1回
御分譲:1回
部分譲:1回
ノ分譲:1回
て分譲:1回
に分譲:1回
公分譲:1回
は分譲:1回
も分譲:1回
、分譲:1回